世界一過酷な状況下でのアイウェアの重要性(赤坂剛史選手)

当店のサポート選手:赤坂剛史選手が2010年11月、

世界一過酷だと言われる南極マラソンへ出場され、見事完走されました!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:赤坂剛史選手

c0003493_9352570.jpg


その栄冠を称えたファウスト挑戦者賞をも獲得した赤坂選手。

南極マラソンは強風で極寒の地を7日間250kmを走るマラソンです。

衣食住すべてのものにかかわるすべてのものを背負い、

その苛酷さからこのレースはラストデザートとも呼ばれます。

赤坂選手の悲願のレースでもあり、その熱い思いに当店も共感し、

この過酷なレースの中赤坂選手の目を確実に保護するために

当店でしっかりサポートさせていただきました!

■赤坂選手にご使用いただいたJulboエクスプローラーカスタム

c0003493_9302881.jpg


赤坂選手の南極マラソンの装備品リストには
しっかりJulboのアイウェアが掲載されています。
※赤坂選手よりいただいた提出用の装備品リストより原文をそのまま掲載しております


c0003493_9344560.jpg


その赤坂選手よりいただきました今回のアイウェアの重要性とご報告を

ページに掲載させていただいております。

そしてちょうど昨日赤坂選手より各メディアへの出演情報をいただきました。

合わせてご覧いただければ幸いです。

1.NHK国際放送に出演

c0003493_9274181.jpg


昨年12月にNHKの朝のニュース番組「おはよう日本」で、
「南極マラソン」のことが特集として紹介されました。

そのときの放送がNHK国際放送となって、1/5に放送されました!
そして、1/5から12日まで下記サイトにて視聴することができます!
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/movie/feature201101051218.html

英語放送となっておりますが、映像は同じものを使っています。
南極にはNHKさんは撮影には残念ながら同行できませんでしたので、
私たちの映像や大会側のものを使って頂いています。
また「赤坂剛史の南極マラソンのインタビュー」も満載。
よろしければご覧ください。

2.J-WAVEに出演

1/6までFMラジオのJ-WAVE(81.3MHz)に出演してました。
別所哲也さんがパーソナリティーを務める番組で、
「南極マラソンに挑戦した赤坂剛史」のインタビューです。
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.htm
放送は今年の1月3日から1月6日までの4日間連続。
時間は朝6時25分~35分の10分間番組でした。

この放送はポッドキャストにて聴くことができます。
J-WAVEの下記サイトにアクセスし、
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.htm

左欄の中ほどの「Podcast」の青ボタンを押すと、
左欄に緑と青のボタンがそれぞれ出ますので、
どちらかを押すと放送分が出てきて聴けますので
よろしければお聞きください。

以上が今回頂きました内容ですが、

こうして様々なメディアに取り上げられるのも、

それだけの偉業を成し遂げたことを裏付けております。

赤坂選手のブログも是非合わせてご覧いただけますようお願い申し上げます!

どうぞよろしくお願いいたします!

■赤坂剛史選手ブログ





----以下赤坂選手のブログより-----

南極では太陽の光が強くないですか?

ということを聞かれます。


南極マラソン(ラストデザート、主催:レーシングザプラネット)の
事務局から決められた装備品リストには

光の透過率10%以下のサングラスが必須とありました。


また以前に南極マラソンに参加した選手でサングラスの隙間から太陽光が
目に入り、目をやられたとのこと。


サングラスは紫外線から目を保護するたけでなく、
太陽の光で目が日焼けすると、身体の動きもにぶくなるんですよね。
サングラスは太陽からの目の疲れを和らげるので愛用しています。

そこで、南極マラソンで使うサングラスには

・光の透過率10%以下(遮光率90%以上)
・サングラスと顔との隙間が少ない

が求められました。

サングラスには極地用の製品があり「polor」と書いてあるものが
それです。

光の透過率が10%以下の製品はありますが、隙間が少ないものは
ゴーグルのようなサングラスがほとんどでした。

ゴーグルは走っているときに曇りやすいと考えていたので、
ゴーグルタイプではないものをと選んでいて出てきたのが、
ジュルボ社のサングラス。

ジュルボ社はフランスの会社で、ここのサングラスは極地用だけではなく、
砂漠用、登山用などと太陽光の強さに応じた設計がされていて、
砂漠や極地を走るものとして、非常にありがたい。

今回はジュルボ社のエクスプローラーを使用しました。
http://www.kineidou.co.jp/julbo/explorer/explorer.html

c0003493_931498.jpg


遮光率が90%以上で、サングラスと顔をの隙間を少なくするような
設計になっています。またフランスのスキーチームと共同で作ったとのこと。
期待が持てました。
このサングラスでお世話になったのは販売をしている金栄堂さん。
http://www.kineidou.co.jp
ここは日本人の鼻の高さに合わせて、鼻がフィットするように
調整してくれます。
せっかくお気に入りのサングラスが見つかっても、
鼻の高さが合わなくて断念することがあるので、装着してみると
鼻にフィットしてとても助かりました。

重さも軽くて、さらに耳にかける部分が曲がるので耳への当たり具合を
調整できて、自分にあったものになりました。

いざ南極にいくと、南極での太陽光の強さの秘密がわかりました。

日中になっても太陽が頭上にこないので、光を横から受けることになります。
日中に頭上にある太陽より、日の出や日の入りの太陽に気が付きやすいのは
景色がきれいなのもありますが、目に光が入りやすくてまぶしいからなんですね。

そうするとサングラスと顔と隙間があると、横からの光が目に入りやすいです。
また南極は雪景色なので、雪面からの照り返しもまた目に入りやすいです。

今回のサングラスは横からと上からの光が入りにくい構造になっているので、
走っていてもサングラスの隙間から光が入ってくることはなかったです。

またレンズが大きいので視界が広くてサングラスをつけていることを
忘れるくらいでした。

さらに遮光率90%以上なので、まぶしさを感じることがなく、
走ることに集中できました。
まぶしさって目が疲れて、走りに影響するんですよね。

レンズの曇り対策にはサングラスの下方に空気の通気口があって、
ものすごく汗をかいて曇った場合に、そこに風を入れれば曇りは解消
できました。

南極ではフェイスマスクをして走るときもありましたが、
フェイスマスクの隙間からの湿ったあたたかい吐息が
サングラスの下から中に入ると曇りましたが、普通のサングラスに
比べれば曇りははやくなくなり、快適でした。

南極マラソンでこのサングラスを使っていた外国人選手も多く、
見た目もとても格好よかったです。

砂漠では砂嵐なども警戒してゴーグルタイプのサングラスを
使用しましたが、実はスポンジ部に汗がたまって気持ち悪いんですよね。
レースの後半はスポンジ部ににおいがついてくるし。

次はこのサングラスで砂漠を走ってみたいですね!
by kineido | 2011-01-07 09:37 | 金栄堂サポート選手


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧