新ブランド・ESS(OAKLEY社ミリタリー部門アイウェア)開始!

この地震の影響で皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが

まだ営業所止め・営業所持込みでの対応のみではあるものの、

配送業務の回復、ならびに商品も徐々にですが入荷するようになりました!

ここ山形県は特に被害の大きかった地域の皆様の受け入れ先となり

多くの方々が避難されてこられております。

燃料や食料もまだ現段階では入荷はしていないものの、

ようやく目処が立ちそうだということです。

昨日も仙台港で津波被害に遭われた方が眼鏡が流されたとご来店になりました。

連日被害状況が明らかになっていき、本当に甚大な被害だと改めて認識させられています。

ですが各メディア等で多々取り上げられておりますが、

募金や救援物資等の支援など、本当に皆様のお気持ちが

被災された方々に大きな力になり、希望となるものだと思います。

当店もこの状況下、微力ではありますが頑張ってまいります!

本日ご紹介させていただきます商品は

地震前に入荷しておりましたが、

撮影・節電の関係でご紹介出来ないでおりましたが

眼鏡店では当店が国内初の正規代理店となります。

それでは早速ご紹介をさせていただきます!

当店で新しく開始させていただきます新ブランド!

あのOAKLEY(オークリー)社の軍用ミリタリー部門、

アメリカ軍に供給されておりますミリタリーアイウェア



ESS(イーエスエス)



の販売を開始いたします!



c0003493_9372664.gif



c0003493_9374378.jpg





このESSブランドは当店が眼鏡店では

日本初となる取扱いになります。

世界で爆発する紛争、自然災害、大事故。

それらがもたらす想像を絶した過酷な状況に、

命をかけて立ち向かう者たちの目を守り続けるESS。

彼らが絶対的信頼を寄せるESSとは、

単なるアイグラス(眼鏡)というカテゴリーを超越した、

世界最強のプロテクトギア。

SPORTSEYESはESSの正規取扱店です。






c0003493_9381584.jpg




ESS(Eye Safety Systems,Inc.)はアメリカ・サンバレー(アイダホ)に本部を置き、OAKLEY(オークリー社)のミリタリー部門として、軍隊、特殊部隊、警察、ファイアー、レスキューのために、革新的な技術でアイウェア製造に特化することによって、アイプロテクションンのエキスパートとして世界に知られるようになりました。現在では120か国以上の国々で製品の品質と価値が認められ使用されており、米国防総省から戦闘用アイプロテクションと認定されています。

革新的なアイデアと特許を取ったデザインで、アイプロテクトの他のメーカーとは異なった製品力を誇っています。開発チームは兵士とのコンタクトを通じて、実際身に着ける人の特殊な要求に応えながら製品をデザインしています。
戦地での使用を通して、顧客に「最高で最も進歩したアイプロテクトの可能性」を目標に製品開発に取り組んでおり、アメリカ軍に正式採用されています。
我々の献身的管理・デザインと営業部隊の中心は最も高い優良商品を我々の顧客に提供することになっています。そして、彼らの特定のニーズに合わせ、他のいかなるアイウェア会社より顧客ニーズを反映しております。

ESSアイウェアは米国製造されて、妥協しない完ぺきな品質管理によって最良の製品を提供しております。製造の欠陥に対しての返品率は1年で0.05%です。
ESS製品開発チームは、市場で最も先進の製品を設計して、改善することに絶えず取り組んでいます。電池式ファン(ESS TurboFan Series)と可調換気システム(ESS Advancer V12)によるアイウェアまで、ESSは製品革新においてライバルがおりません。有害なUV A/UV B光線からの100%保護、型成型によるレンズ設計は一切の歪みがなく、最上級のレンズコーティング("FLOW-COATED"LENS)はクリアーな視界と防曇性を確実なものとします。そして過酷な現場で必要とするレンズの耐久性は10mの距離からの散弾銃の衝撃にも耐える強度を誇ります。

我々の任務
戦場から火地面まで、我々の激励は、世界中で自由と公安の擁護者を保護するために、情熱を注ぎます。目を保護することの革新的なデザイン、製品改良に焦点を絞って、ESSはその顧客に利用できる最もすばらしい、最も信頼できるアイプロテクションを約束します。






■ESSアイウェアの特徴

比類なき強度。10mの距離で放つショットガンの弾丸を跳ね返すシールド面は、爆風や飛来物から完全に目を守る。2.2~2.8mmの超厚ポリカーボネートレンズを採用。
超高度光学性能。ポリカーボネートを板材から曲げて成型するのではなく、型枠による一括成型によりレンズを造形。これにより、まったく歪のないクリアーな視界像と最高水準の解像度を実現。
曇らない。極限の状況に於かれた者にとって、視界の曇りは致命的な危機に直結する。ESSはフローコーティング技術により、曇りづらいのではなく、曇らない視界を確保する(CROSSBOAのみ)
高品質。低価格。各国主要軍隊、警察、レスキュー隊に圧倒的需要数で正式採用された結果、大量生産によるコストダウン効果が生まれ、この高機能ながら非常に安い価格を可能にした。


c0003493_9392851.jpg


ESS製品は各規格のテストで全て合格しております。
National Stock Numbers(NSN)も全て取得しており、NATOのStock Numbersにも準じております。

ANSI Z87.1-2003+
Impact requirements of US MIL-PRF-31013
US Federal OSHA standards
CE EN 166(F)
US Army,USMC,& UK MOD Authorized
ESS Eye Safety Systems Inc


ESS社のゴーグル及びサングラスのレンズは、アメリカの工業・軍事の耐衝撃規格テスト(NATIC)において、ハイレベルな成績で全てをクリアしているので、最上級の安全性能を誇っております。強度に関しては、10Mの距離で6発のショットガンの弾丸による貫通テストの結果、弾丸を貫通させない程の強度を誇ります。ESSの使用状況は、世界85カ国以上の軍・警察・消防等あらゆる分野にて、普段から着用する標準的なゴーグルとして使用されています。2007年1月よりOAKLEY(オークリー社)と合併し、オークリー社の完全なるミリタリー部門として技術提供を受けております。



Remington 12-gauge Shotgunにより、10メートルの距離で行った射撃テストの結果です。

注意:ショットガンによる衝撃テストはレンズ強度の表現方法として行ったものであり、
また、テスト環境の特別な設備により実行されたものです。
大怪我をする恐れがありますので、絶対に真似しないでください。

c0003493_9404410.jpg







ESSのレンズ光学技術

■分光力



c0003493_9413196.jpg



ANSI Z87.1 光学テスト #7.4.3.2
光学屈折力とはレンズを通して如何に光線が屈曲するかえを測定するものです。極端な屈折の効果は、レンズを通して物体を見るときに実際そこにあるべきところにないのです。又、テストはレンズの左右側面の屈折不均衡を測定します。それは均衡がとれていないレンズで起きた偽りの複視を無くそうとする働きで眼球疲労を起こすからです。レーザー設備は、NBSの標的から30フィートに設定さて、それぞれのレンズを通して標的に発射されます。光学機器が良ければ良いほどレーザー光線の屈折が少ないことが判明します。屈折が起きないレンズは、レーザー光線の進路が直接NBSの標的の中心に継続して当たる事を可能にします。歪曲をもたらす屈折の量を見る時は、30フィートより長い距離で見ることが重要です。




■屈折力


c0003493_942637.jpg



ANSI Z87.1 光学テスト#7.4.3.2
レンズ屈折力は、多くの人が歪曲あるいは不透明の基準として言及します。ANSIの屈折力検査必要条件は、安全なレンズでの妥当な屈折量です。NBSの解像力原型の線は、レンズの特徴を測定するために使用されます。ESSのレンズは、ANSI Z87.1の屈折力最低基準よりも性能が高めのレベルにあるので、ESSのレンズを通して対物がより一層鮮明に見える理由です。







c0003493_9423117.gif




世界中のプロフェッショナルの目を守る。


本物は一つだけ


本物を愛し、本物を使う




ESS(イーエスエス)



オークリー社ミリタリーアイギア

どうぞよろしくお願いいたします!



c0003493_9431240.gif



c0003493_9432973.jpg

by kineido | 2011-03-20 10:22 | 新商品


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧