金栄堂サポート:鈴木まさみ選手 IRONMAN Malaysiaご報告&インプレッション!

金栄堂サポート:鈴木まさみ選手より

先日行われましたIRONMAN Malaysiaのご報告

ならびにアイウェアインプレッションを頂きましたので

早速ご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:鈴木まさみ選手

選手氏名:鈴木 まさみ
使用アイテム: オークリー RADERLOCK (オリジナル・ノーズパッド)
使用日時:2015年11月14日(土)
使用カテゴリー:IRONMAN Malaysia
気象条件:晴れ
使用場所:マレーシア ランカウイ島


<レース結果>

Finish time11:46:20
Swim01:14:03
T100:04:38
Bike06:20:55
T200:03:36
Run04:03:08
年代別35~391位
Kona Slot○(1 slot)


今季は10月のIRONMAN World Championshipが

ラスト・レースの予定だったのですが、

急遽11月のIRONMAN Malaysiaに出場することになりました。

Konaが終わってから約2週間のリカバリー期間を取り、

その後トレーニングを再開してランカウイに向かいました。

<Swim>

今回のレースで初めてローリング・スタートを経験しました。

ローリング・スタートとは、2~4人という少人数のグループが

数秒おきにスタートする方法で、

一斉スタートよりも混雑しないため、

バトルが起きにくいという特徴があります。

今回は2人ずつ2~3秒ごとにスタート。

同じチームのメンバーと一緒に列に並び、自分の順番が来ていよいよスタート。

第1ブイまでの80mは、ブイに向かっての

混雑・バトルを避けるために少し左側(浜辺側)にコースをとって泳ぎました。

だいぶ水が濁っていて視界がほとんどなく、

大きめのフォームを意識して泳ぎました。

2周回目もペースダウンすることなく泳ぐことができ、

最後の直線は体幹を使って泳げるように意識しました。

1:14:03というタイムは、無難なところだったと思います。

<Bike>

c0003493_9202359.jpg


乗車後すぐに、ジェルを1本補給。

最初の折り返しまで10km程度、上り基調のコースになります。

35kmを過ぎたころから、だんだんと眠気が出てきて、

それが次第に強くなり、最後は強烈な睡魔となってレースを邪魔しました。

久々の睡魔…。頭や顔に水をかけたり、体にも水をかけて冷やしたり、

エナジージェルをとって気分転換したりと、

あらゆることを試みましたが、なかなか睡魔は去ってくれませんでした。

睡魔以外は順調に…。

ペダリングに集中し、他の選手に抜かれても、スピードが多少落ちても、

慌てずに淡々と、2周目に備えて少し抑え気味に走りました。

50km地点ぐらいで、後ろについてきた香港の女子選手から声をかけられました。

テンションの高い選手で、英語でいろいろと話しかけてきます。

レースナンバーを確認すると、同じカテゴリーの選手だったので、少し警戒。

ちょっとやりとりをして、彼女もコナを狙っていることがわかったので、

今までどおり自分のレースに徹することに集中してペダルを踏みました。

1周目でコース概況がわかっていたので、

2周目は比較的スムーズに攻めることができました。

2周めの後半でオーストラリア人選手に抜かれました。

勝負にならないほどの速さではありませんでしたが、

脚やお尻を見たところ、バイクは強そうだけどランは?という感じだったので

「あまり距離を離され過ぎないように意識しつつ無理はしないでラン勝負」

という選択をしました。

155km地点の上り坂では、かなりスピードが落ち、

ダンシングとシッティングを交互に繰り返す方法でなんとかクリアしました。

こういうシチュエーションはロングライドの練習でも必ず行っていたので、

レースでも冷静に対応できてよかったと思います。

ラスト10kmでスコールに見舞われましたが、暑かったので大歓迎。

ただ、かなりの雨量だったので、

水たまりに入るとパンクする可能性が高くなると思い、

そのことに注意を払いながら走行しました。

T2に向かうところで陸橋?の上り坂が見えたので

「ギヤチェンジは慎重に…」と自分自身に言い聞かせながら上りに入りました。

案の定、最後のこの場所でチェーンが落ち、

完全にフレームに挟まってしまったノルウェーの女子選手がいました。

最後の最後まで集中してライディングできてよかったと思います。

<Run>

c0003493_919572.jpg


ランは、スタートから比較的脚がよく動きました。

暑さの影響はあまり感じませんでした。

バイクでは、先行する選手(が何人いたかはわかりませんが)を

捉えることができなかったので、

この42kmで勝負して先頭でfinishするしか、コナに行く道はないんだ!

と自分に言い聞かせてスタート。

最初のペースづくりが肝心、と思い、Jogより少し早めのペースで走り始めました。

「最初にのんびりペースで入るとそのままダラダラしてしまいそうだ・・・」

と思って走っていたところに、

プロ・カテゴリーで出場しており

2周回目に入った西内洋行プロが後ろから指示をくれました。

「ペース早すぎ

おそらく5kmも行っていないところで、

オーストラリア人選手が歩いているのを見つけ、そのままpass。

1周目はフォームを整え、無駄に力まないように気をつけ、

スピードを維持できるように意識しました。

2周目の折り返し地点で、すでにフィニッシュしていた西内コーチから

「呼吸をしっかり。ピッチ上げて。」とアドバイスを受け、最後のRunへ。

この時点でも自分の順位はわかっておらず、

最低でも後ろの女子選手に抜かれないこと、

そして1秒でも速くfinishすることだけを考えて、残りの距離を走りました。

2回目のMIECの折り返しで時計を見て、

後方の女子選手とのタイム差を計測しました。

自分の時計で6分ぐらいの差があったように思います。

ラスト5km、4km、3km…と、できるだけペースを上げ、

最後の1kmを過ぎてホテルの敷地内に入ったところで

ようやく少し気持ちが楽になり、

カテゴリー1位でフィニッシュゲートをくぐることができました。

おかげさまで、このレースで

2016年のIRONMAN World Championshipの出場権(Kona Slot)を

獲得することができ、3年連続で聖地Konaでレースができることが決まりました。

2015年はKona Slotを獲得するために3回チャレンジし、

最後の最後、8月の洞爺湖でスロットを獲得しての10月Konaでした。

しかし、今回はKonaまで十分な時間があるので、じっくりと準備をして、

少しでも成長した自分で聖地Konaに臨みたいと思います。

<レースでのアイウェア選択について>

今回は、OAKLY RaderLock(Black iridium)を使用しました。

c0003493_9203844.jpg


1ヶ月前のkonaでは、T1でJAWBREAKERを着用したBikeへ。

そしてT2でアイウェアを交換して、RunではRaderLockを使用しました。

私の場合、エアロヘルメット(スペシャライズド・イヴェート)との

相性がいいのはJAWBREAKERであり、

アイウェアのどこからも余計な光が差し込まない最高のアイテムと言えます。

しかし、Runの時にはフィット感が少し足りないため、

RaderLockが適しているのです。

Konaはそれぞれの特徴を活かした使用方法を選びました。

しかし、今回はKonaSlotがかかった重要なレース。

1位になるしか、Konaへの道はありません。

したがって、トランジットにかかる時間は1秒でも惜しい…。

そのため、Bike、Runともにいい仕事をしてくれるRaderLockを選択。

トランジットでアイウェアを“着替える”ことには賛否両論あると思いますが、

レースの特性や状況に応じて、いろいろな方法を試していくことも

自分の引き出しを増やすためには必要かと思います。

今後も、コースや気象条件に応じてアイウェアを選択し、

その結果がどうであったか、

金栄堂リポートを通じてお知らせしていきたいと思っております。

来季は、4月の宮古島トライアスロンが開幕戦です。

支えてくださる皆様の応援を背に受け、力いっぱい戦えるよう、

冬にしっかりとベースを作っていきたいと思います。

今年1年、応援してくださいまして、誠にありがとうございました。

来年もぜひ、よろしくお願い致します。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kineido | 2015-12-26 09:21 | 金栄堂サポート選手


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧