金栄堂サポート:BigLake・室谷浩二選手 IRONMAN World Championshipご報告&インプレッション!

金栄堂サポート:BigLake・室谷浩二選手より

先日行われましたIRONMAN World Championshipのご報告

ならびにインプレッションを頂きましたので

早速ご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:室谷浩二選手

開催日: 2016年 10月 8日(土)
場所 : ハワイ島KONA
距離 :Swim 3.8km / Bike 180km / Run42.2km
    TOTAL TIME :11:20:35
Age 50-54 DIV RANK 96位 (日本人5位)

□スポンサー、サプライヤー
1.Panasonic
2.バイク:CEEPO KATANA2016(HINOサイクル)
3.タイヤ:Panaracer RACE Lタイプ(Panaracer)
4.レースウエア: Zoot(スタイルバイク)
5.シューズ :On クラウド(Onジャパン)
6.アイウェア  OAKLEY RADAR ROCK (金栄堂)
7.ストップウオッチ:ガーミン920XTJ(サクセススタイル)
8.日焼け止め:Athlete-X(株式会社アミックグループ)
9.シューレース Greeper Laces(株式会社SUNNY FISH)
10.補給食  ここでジョミ(大雄産業)

□遠征期間中の補助食品
11.サプリメント:Astavita(アスタリール株式会社)
12.プロテイン:TRAN(ネットプランニング)
13.アスリートカルシウム シトリックV3000(ユニカル)

□遠征期間中のグッズ関連
14.イオンドクター(ジェイ・エス)
15.ロングソックス(2XU)
16.Onアパレル(Onジャパン)
17.試泳時のみ:島ぞうり(彫人)
18.老眼(オークリーMNP)(金栄堂)


c0003493_13360410.jpg

5年前まで夢舞台だったIRONMAN World Championship

この舞台に5年連続でゴールテープを切れた事を素直に喜びたいと思います。

それでは長い一日を振り返って参ります。

レース5日前の10月3日、関西―ホノルル経由でKONAに降り立ったのは午後2時。

過去経験したことのない涼しさで僕を迎えてくれた。

早めに現地入りした事で、全てに余裕を持ってイベント参加や準備が出来た。

またアクシデントも多々あったが、

冷静に対処出来たのは行動を共にしてくれた仲間たちの存在あってこそ。

本当に僕は恵まれていると感じながら

8日午前6時55分キャノン砲の合図と共に長い一日に挑んで行った。

【Swim】 01:08:06

c0003493_13361848.jpg


男女プロがスタートしていく中、ストレッチしながらレース展開をイメージする。

スイムスタート15分前に仲間たちと入水し、いつものタイヤバリアに向かってアップ。

先ずここで心臓に挙動を感じた。

「えっ!まじか?」

タイヤにしがみ付いた後は兎に角リラックスを心掛けた。

隣にいた最年少で出場した19歳のシュンくんの笑顔に助けられた。

でもここでまたもやアクシデント発生。

防波堤に足をついて体を安定させようとしたら、足の裏がチクッ!

すぐさま確認すると防波堤には

昨年まで全くいなかったウニが無数にいるではないか。

幸いにも痛みはさほど無かったので安心した。

今年は波も穏やかだった。

スタート1分前にタイヤから離れ選手をかき分けて先頭までたどり着く。

音楽が止むと数秒でスタートだ。

その間にストップウオッチを作動。

間も無くキャノン砲から「ドッカーン!!!」

慌てず冷静にスタートしていった。

スタート後200m程バトルがあったがそれ以降はゼロ。

本来ならブイを右に見ながら泳ぐはずだが、僕はブイを左に見ながら泳いでいく。

スタート位置から沖に出ていくに連れて透明度が増し、

前方や横方向の選手がはっきり見えてくる。

いいペースメーカーを見つけ付いていく。

「もう心臓は大丈夫だ!」

沖に出ると多少のうねりを感じたが順調に距離を積んで行けた。

そしてあっと言う間に折り返しへ。

これは5年目で初めて感じたものだった。

折り返してからも丁度良いペースメーカーが現れそれに付いていく。

僕の後ろもずっと付いてくる選手がいた。

足に触れてくるからね。

でも最後まで集中力は途切れることなくスイムアップ。

時計を見ると1時間7分台。

興奮した。

5回目のハワイでベストタイムだったから!(実はみんなタイムが良かった(笑))

海水を丁寧に洗い流しトイレを済ませ、

「レースはこれからだ!」と言い聞かせ得意のバイクに飛び乗った。

【Bike】06:03:07

c0003493_13362725.jpg


バイクスタート後は、先ず心拍を整えることに専念。

クアキニハイウェイを上って

一回目の折り返しポイントまでリラックスモードを続ける。

選手に抜かれても坦々と駒を進め、

最もギャラリーが賑わうパラニロードの急坂を登ってメインのクイーンKに入った。

ここからは暫く追い風基調だったが、

逸る気持ちを抑えて順調に距離を積んでいく。

50kmを過ぎた辺りからは向かい風に変わる。

前面投影面積を極力減らしたフォームで粘っていく。

この辺りではかなりの選手がドラフティングを取られていた。

補給もしっかり摂れている。

AVEはこの時点で35km/hを上回っていた。

クイーンKから270号腺に入ると更に向かい風が強くなってきた。

でも例年吹くコナウインドとは風向きが異なり、猛烈な横風も無かった。

その分ペダリングに集中出来ていたが、

80km過ぎた辺りから上半身のパワーを伝えられなくなってきた。

「腰が痛い」こんな事って過去に経験がない。

DHポジションも取れなくなってしまった。

ここから残り100kmもある。

涙が出た。

でも「最後まで諦めるな」と言い聞かせ、

ようやくハヴィ折り返しポイントに。

ここからは一旦下り基調と追い風。

これに助けられてクイーンKまでなんとか戻ってきた。

後50km弱! 

ここからまた向かい風に苦しみながらもなんとかKONAの街まで帰ってきた。

5回目のハワイにしてワースト記録。 

どんなにコナウインドが吹いても5時間30分台で帰ってきたのに、

今回は6時間を少し回っていた。

バイクから降りた瞬間、

いつも何も感じない腰と骨盤周りの筋肉がパンパンになっている事に気付く。

DHポジションを取れなかったら全く違う筋肉を消耗してしまったようだ。

ランは走れるのだろうか?一瞬脳裏をよぎった。

【Run】 03:59:16

T2では例年の倍近い時間をかけて筋肉疲労を回復させる事にした。

そして徐々にランに適合するはずと言い聞かせてテントを出た。

でもいつものランが出来ない。

キロ5分30秒が精一杯。完全に腰や骨盤回りの強張りがフォームを崩している。

1マイル毎にあるエイドで痛む部位を冷やす。

これに時間を要した。

「次のエイドまでは歩かない!」

そう決めてペースは上がらずとも必死に走った。

アリイドライブの折り返しポイントで今回のゴールは日没を覚悟した。

それでも自分はどこまで粘れるか、

こういった場面は今後も必ずやってくる。

いかに自分を前に出せるかを意識しながら走り続けた。

そしてパラニロードの上り坂に入った頃には、

少しずつ走れる身体に戻り始めていた。

「この激坂は歩かずに走りきろう」

昨年歩いた激坂を今年は走り切れた。

クイーンKに入ってからはいつもの走りに戻り始めてきているのが実感出来た。

そしてエナジーラボの手前にあるエイドでトイレに入り気持ちを切り替える。

「日没までに帰ってみせる。」

精神力が試されるエナジーラボに入っていった。

前だけをみて一歩一歩進んでいく。

折り返してスペシャルニーズバックを受け取った。

これが効いて一気に蘇った。

その後もエイドでは身体を冷やすため時間を要したが、

それ以外は選手を抜く一方だった。

これがまたパワーになった。

35km地点で右を見ると太陽がもう少しで水平線に沈むのが見えた。

「諦めるな!」

バイクとラン序盤で使い切れなかったパワーを出し切ろうと決めた。

クイーンKを右折してパラニロードに下っていく所で残り2km。

まだ辛うじて明るい。

残り2kmは4:30 4:15で走っていた。

c0003493_13363507.jpg


夢中に走っている中でも、今日一日を思い出しながら走っている自分に気付く。

この日のためにいろんなことも犠牲にしてきたし、

沢山の方々に応援していただいていることを噛みしめながら走り続けた。

アリイドライブまで戻ってくると

もう500m程苦しみから解放されると思えた一方で、

これで終わってしまうという寂しい気持ちが交錯していた。

フィニッシュゲートをくぐると、

「You are an IRONMAN」のアナウンスが入ってきた。

この瞬間を得るための1年が終わった。

c0003493_13364614.jpg


ケアンズ以降不整脈で悩まされ思うように練習を積む事が出来なかったが、

それでも最低限レースで戦える身体は作ってきた。

恐れる事など何も無かった。

結果、腰痛が出て思うようなレースは出来なかったが

ラン後半の粘りが健在であったことは収穫だった。

どんなアクシデントがあっても決して諦めない心

それが僕のブログやFBを通じ一人でも共感してもらえたら本望だ。

トライアスロンというスポーツに出会って15シーズン目が終わった。

また来シーズンもKONAの地を踏めるように精進を重ねる。

持病を抱えていてもそれを克服しながらね!

今年1年も応援し続けてくれた

家族、友人、チームメイト、仲間、そしてスポンサー、サプライヤー様

ほんとうにありがとうございました。

2016/10/18

BigLake室谷浩二





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kineido | 2016-10-20 13:58 | 金栄堂サポート選手


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧