カテゴリ:金栄堂サポート選手( 1923 )

自転車競技における偏光・調光レンズの必要性について(十時正嗣選手)

本日は引き続き当店のサポート選手:十時正嗣選手より

自転車競技における機能レンズの必要性についての

アンケートを頂戴いたしましたのでご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:TEAM JAMIS 十時 正嗣選手

1、偏光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか⇒Yes

2、1の理由
日差しの強い日でも視界をクリアに保つことができるから。

3、調光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか⇒Yes

4、3の理由
ロードレースのような長時間継続的に行われるレースの場合、急な天候変化で暗くなってときなどでも度入りのレンズ使用者は、サングラスをはずして対応するということができないので必要。

5、1、3のレンズが最も効果を効果を発揮する場面(メリット)
1のレンズ:日差しの強い日に練習、レースが行われるとき
3のレンズ:レース中に急な天候変化で明暗が変わるとき

6、1、3のレンズが使えない場面(デメリット)
1のレンズ:雨、曇りの日に練習、レースが行われるとき
3のレンズ:非常に日差しの強い日に練習、レースが行われるとき

7、その他の皆様のお勧めレンズ(上記のレンズで補えない場面をこういうレンズを使用しているなど)
この他のレンズは使用したことがない。


というご回答を頂きました。

皆様のご参考にしていただければ幸いでございます。

どうぞよろしくお願いいたします!
by kineido | 2010-04-26 13:08 | 金栄堂サポート選手

自転車競技における偏光・調光レンズの必要性について(高宮正嗣選手)

本日は当店のサポート選手:高宮正嗣選手から

先日ご紹介させていただいております

自転車競技における偏光・調光レンズの必要性についてのアンケートに

ご回答いただきましたのでご紹介させていただきます!


■偏光レンズ、調光レンズの自転車競技の必要性について

鹿屋体育大学 2年 高宮正嗣

1・偏光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか?
 →はい。必要です。

2・1の理由
 →偏光レンズの場合は、晴天時の過剰な太陽光や水たまりからの太陽光の反射をすべてカットしてくれます。これによりライダーは目から取り込む情報を的確に判断しやすくすることができるだけでなく、長時間のライディングによる疲労を軽減することができます。

3・調光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか?
 →はい。必要です。

4・3の理由
 →調光レンズの場合は、天気の変動が大きいほど有効になると考えられます。最初の悪天候時は紫外線の量が少ないため透過率の高いレンズカラーに自動的に変化し、天候が回復するにつれて紫外線量が増えてレンズの透過率も低くなってくれます。このように調光レンズはその天気にあった透過率をレンズ自体が判断して変化するという自転車競技にはとても向いているレンズだと言えることができます。

5・1、3のレンズが最も効果を発揮する場面(メリット)
 →偏光レンズの場合は快晴時でとても日差しが強い場合。
 →調光レンズの場合は天候の変化が大きい日。あるいは朝通勤で自転車に乗り夜帰宅時にも自転車に乗るような方。

6 ・1、3のレンズが使えない場面(デメリット)
 →偏光レンズの場合は心拍計やメーター、携帯電話の液晶画面が見にくい場合がある。
 →調光レンズの場合はデメリットとなるものはほとんどないと考えられます。

7・その他のお勧めレンズ(上記のレンズで補えない場面をこういうレンズを使用しているなど)
 →私がお勧めするレンズはオークリーのHiパーシモンというレンズです。レンズ自体は普通のパーシモンのレンズの見え方とほぼ同じなんですが、外からの見え方が変更されていてイリジウム加工されているのが特徴です。基本は曇りの時に使用するのがベストですが、「レンズの交換をしたくない」や「ひとつでオールマイティに使えるレンズはないの?」と聞かれたら私はこのレンズをお勧めします。


既に御三方にこうしてご回答いただいておりますが

非常に高い評価と必要性を頂いております。

後ほどまた全てデータをまとめますが

皆様のご参考にしていただければ幸いでございます。

どうぞよろしくお願いいたします!
by kineido | 2010-04-25 10:20 | 金栄堂サポート選手

金栄堂ゴルフモニターアスリート:ゴルキチ氏

本日は当店で新しくモニターとしてご協力を頂くことになりました

アスリートの方をご紹介させていただきます!

先日申し上げましたように、特に今年はゴルフジャンルに力を入れていきます。

その中で当店で本日ご紹介させていただきます

ゴルキチ氏に今年初頭からお願いしておりました。

そして今回正式にモニターとしてお引き受けいただきましたので

本日改めて皆様にご紹介させていただきたいと思います!

ゴルフジャンルで皆様の指針となるべき本当のゴルフアイギアを

作り上げることにご協力いただけます

心強いアスリートです!




■金栄堂/SPORTSEYESゴルフモニター:ゴルキチ氏

c0003493_94791.jpg


ゴルフをこよなく愛するゴルキチ氏。

ゴルキチ氏のブログ「ぶっ飛びシングルの華麗なるショットメイキング」は

ゴルフブログランキングでも常に上位に位置し、

ゴルフを様々な角度から捉え、自らのゴルフスタイルを導き出す姿勢に

多くのゴルファーが共感されています。

そして現在も精力的に活動され、シニアプロを目指すゴルキチ氏に今回当店よりお願いし、

本当にゴルファーに必要とされるアイギアの作成にご協力を頂くことになりました!

実際に現在も様々なアイウェアをお使いいただき、貴重なご意見を頂いております。

そして当店も都度ゴルキチ氏のインプレッションから商品の改良を行い、

ゴルキチ氏と共に本当のゴルフアイギアを作り上げていきます!

ゴルキチ氏のブログも是非合わせてご覧ください。

どうぞよろしくお願い致します!

■ゴルキチ氏プロフィール
長年、米国投資銀行、米国コンサルティング会社に勤務され、米国名門MBAを卒業。
ゴルフ歴は26年にも上ります。ゴルフ狂のためゴルフに専念し、
現在7歳の娘をプロゴルファーにする為に、コンサルティング会社を開業し独立。
将来はシニアプロになり、グローバルなゴルフビジネス展開を目指しています。
自らのゴルフの可能性を極める為に、今年からドラコン競技にも参加し、
また、ストローク競技でも上位を狙っています。
ゴルフ理論にも妥協がなく、ブログにて独自のゴルフ理論を公開しています。

※ゴルキチ氏のブログ
「ぶっ飛びシングルの華麗なるショットメイキング」

by kineido | 2010-04-24 09:49 | 金栄堂サポート選手

自転車競技における偏光・調光レンズの必要性について(佐野伸弥選手)

本日は一昨日に引き続き偏光レンズと調光レンズの

自転車競技での必要性について

当店のサポート選手:佐野伸弥選手にご回答を頂きましたので

ご紹介させていただきます!




■ 偏光レンズ、調光レンズの自転車競技の必要性について

1、偏光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか   Yes


2、1の理由 

  必ずとは言い切れないが、長距離(ロングライド)を乗る時は、あればあるにこしたことはないと思います。
  ブラックイリジウムや普通のレンズでは押さえきれない、光を遮断してくれるので、いかなるコースでもストレスなく走る事が出来ます。


3、調光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか   Yes


4、3の理由

 以前私のインプレッションでも投稿させていただきましたが、自転車競技というのは、長時間にわたって競技を続けるため、
 天候が不安定な時や、早朝から始まるレース。または、トンネルなどがあるコースを走る時は調光レンズを使用すると、非常にいいと思います。
  
5、1、3のレンズが最も効果を効果を発揮する場面

  偏光レンズはロードレース、または日ごろのトレーニングに最適。 

  調光レンズは早朝または、夕方から夜間にかけての練習。天候が不安定な時のレース。 


6、1、3のレンズが使えない場面(デメリット)

 使えない場面というのはありませんが、

 私の場合、偏光レンズではないレンズ(オークリーのイリジウムレンズ・ノンイリジウムレンズ)をトラック競技の時に使用することが多くあります。

なぜ偏光レンズではないレンズ(オークリーのイリジウムレンズ・ノンイリジウムレンズ)を使用するかというと、トラック競技では、前を走る走者との間隔を5cmくらいにまで詰めることがあります。

そういった場合に、上記のレンズより、偏光レンズではない方が距離を詰めることのできるからです。

※本当に晴天の時は偏光レンズでもできますが。

7、その他の皆様のお勧めレンズ(上記のレンズで補えない場面をこういうレンズを使
用しているなど)

初めから雨の時や、厚い雲に囲まれた日などは、パーシモン・HIパーシモン・イエローなどのレンズを使用します。





という結果でございました。

皆様のご参考にしていただければ幸いでございます。

この後も他のサポート選手からのご回答を頂き次第

ご紹介させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします!
by kineido | 2010-04-23 11:02 | 金栄堂サポート選手

自転車競技における偏光・調光レンズの必要性について(高宮佑介選手)

当店でも非常に多くのサイクリストがご来店いただいたり

ご注文を頂いております。

その中でここ近年特に調光レンズや偏光レンズといった

機能レンズをご注文いただくケースが多いです。

先日オークリーのセミナーにも参加してきて

スポーツマーケティングの方ともその後色々話をさせていただいたのですが、

実際にオークリーのサポートプロの方々にも

偏光レンズ等は非常に好評を得ているということでした。

当店でも数年来サイクリストをサポートさせていただいておりますが、

偏光や調光をご依頼頂くケースが非常に多いです。

そのため、実際に当店のサポートライダーに実際の生の声を聞いてみました。

以下、そのままの質問とご回答を掲載させていただきますので

皆様のご参考にしていただければ幸いでございます。




■ 偏光レンズ、調光レンズの自転車競技の必要性について(高宮佑介選手)

1、偏光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか(Yes/No)
 yesです。

2、1の理由
偏光レンズは普通のレンズとは違い、普通のレンズだと太陽の光が路面から反射してきますが偏光レンズの場合は、反射せずに常にクリアな視界で自転車競技に集中できると思います。

3、調光レンズが自転車競技の中で必ず必要なレンズであるか(Yes/No)
yesです。

4、3の理由
自転車に乗る前にレンズを決めてから自転車に乗りますが、長距離などの長い時間自転車に乗っていると天気が変わってしまうと視界が悪くなったり眩しくなる場合もあるので調光レンズはお勧めです。
他にも通勤や通学など朝と夜乗る場合でもレンズを変える煩わしさもなくとても重宝すると思います。

5、1、3のレンズが最も効果を効果を発揮する場面(メリット)
1の偏光レンズの場合は太陽の日差しが強いときなど路面などからの照りつけが激しい時。
3の調光レンズの場合は長時間自転車に乗る時や通勤や通学。

6、1、3のレンズが使えない場面(デメリット)
1の場合は日差しが強くない時は自分的には少し見えずらい場面もあります。
3の場合は一定の濃さしか変化しないので対応できない天気がある場合もあります。

7、その他の皆様のお勧めレンズ(上記のレンズで補えない場面をこういうレンズを使
用しているなど)
イエローのレンズやブラックイリジウムなど以外にオールマイティーに使うことができます。






これから当店のサポート選手たちに上記のご質問をさせていただいておりますので

また回答が来次第、都度ご紹介させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!
by kineido | 2010-04-21 21:34 | 金栄堂サポート選手

永井順二選手2010年結果ご報告&インプレッション!

本日は当店のサポート選手:永井順二選手から

今シーズンの大会結果ご報告ならびに

アイウェアインプレッションを頂きましたのでご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:永井順二選手

c0003493_10382189.jpg



遅くなりましたが今シーズンのレースの結果を報告いたします。

ワールドカップ#1~8戦 最高順位 #4ドイツ 39位(ワールドカップポイント獲得)
日本選手権 10kmSP 優勝(2連覇)
宮様スキー国際競技会 20kmInd 優勝

今シーズンはワールドカップにほぼフル参戦することができ、非常にいい経験となり来シーズンからの糧となりました。
国内の主要な大会である日本選手権と宮様スキー国際競技会では、両方優勝することができました。オリンピック代表選手も参加してたので、オリンピックの選考にもれた悔しさを少しは晴らせた結果となりました。

オフシーズンではありますが残雪を利用してスキートレーニング合宿が来週からありますので、今回提供していただいたレンズを中心に使用し報告させていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

冬季戦技教育隊 永井順二

c0003493_10385067.jpg

by kineido | 2010-04-20 10:41 | 金栄堂サポート選手

飯田輝男選手インプレッション!

本日は当店のサポート選手:飯田輝男選手よりインプレッションを頂きましたので

ご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:飯田輝男選手

c0003493_10375499.jpg


OAKLEYのJAWBONE、レンズはVR28ポラライズド・偏光を紹介します。
何と言ってもJAWBONEの最大の武器になるスイッチロックシステムにより、素早くレンズ交換が可能です。
RADARやFLAKJACKETに比べ重量はあるものの、実際に使ってみると極端に重さを感じる事はありません。
もちろん、鼻の高さに合わせてノーズピースを交換する事ができます。
コンタクトレンズをしている私は裸眼で練習中にゴミが入ると、走りに集中出来ません。
JAWBONEは絶妙なフレーム構造により、ゴミはもちろん風が入らず走りに集中できます。
ノーズピースを交換にはチョッとしたコツは必要ですが、慣れてしまえば短時間で交換可能です。
レンズのVR28ポラライズド偏光は物の輪郭をハッキリと見え、裸眼で見るのとでは雲泥の差があります。
外からレンズを見ると赤く見えますが、実際にかけてみると自然な色合いで見えます。
偏光レンズは他のレンズに比べ高価ですが、スペアレンズに1枚あればより自転車を楽しむ事が出来るのではと思います。

c0003493_10381455.jpg

by kineido | 2010-04-16 10:39 | 金栄堂サポート選手

岩本高志プロゴルファーインプレッション!

昨日こんな記事を発見!

■ガンダムオフィシャルカフェが秋葉原駅前に4月24日オープン

c0003493_1042992.jpg


バンダイは、JR秋葉原駅電気街口前にガンダムのオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe」を4月24日にオープンすることを発表しました。
「GUNDAM Cafe」は、ガンダムの情報発信基地として初心者から熱心なファンまで幅広い層にガンダムの世界観が楽しめカフェです。店内は商品や作品の情報発信が行われ、南米のコーヒー豆を「GUNDAM Cafe」専用にブレンドした「ジャブローコーヒー」や、一番最初に発売された1/144スケールのガンダムのプラモデルをモチーフにしたカフェ限定の大判焼き「ガンプラ焼」(テイクアウトのみ)などが販売されます。
ガンダムをイメージしたメニューなどはまだ他にも用意されており、近々公開される予定です。ガンダムファンの方は要チェックです。

■「GUNDAM Cafe」店舗概要
オープン日:2010年4月24日
場所:東京都千代田区神田花岡町1-1
(JR秋葉原駅 電気街口より徒歩1分)
営業時間:月~金 10時~23時/土 8時30分~23時/日・祝 8時30分~21時30分
席数:60席

(インサイドより)

近隣の方、是非私も行ってみたいので情報提供をお願いいたします。

ニュータイプいっぱいいるんだろうな(笑)。





本日はプロゴルファーとしてご活躍されていらっしゃいます

岩本高志プロよりインプレッションを頂きましたので

ご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします!

今回の内容も実際にプロゴルファーの目線で実際の使用感をインプレッションいただいております。

岩本プロに今回お使いいただきましたアイウェアは下記の2つです。

■OAKLEY COILOVER Chrome/TALEXトゥルービューゴルフハードマルチコート

c0003493_105217.jpg





■OAKLEY TIGHTROPE/TALEXトゥルービュー8カーブハードマルチブルーミラー

c0003493_1052265.jpg


ゴルフで非常にご好評いただいておりますTALEX偏光レンズをベースに

通常のメガネのカーブのCOILOVERとハイカーブのTIGHTROPEの見え方や使用感の違いを

メインで今回インプレッション頂きました。

それでは早速行ってみましょう!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:岩本高志プロインプレッション

今回試させて頂いた2種類ですが、最初の印象はデザイン的にも格好良く凄くシンプルで好印象でした。 プロゴルファーは多くのギャラリーやテレビ中継など見られる事が多いので、デザインにはどうしてもこだわってしまいます。その点では満足しました!

次に使用感ですがコイルオーバーはレンズの面積が少ない為テークバック時に視界がずれてしまい打つタイミングあるいは集中出来ない感じがありました。タイトロープはボールの見え方は良かったのですが、バイザーをかぶってプレーする時にフレームの細さが装着感を感じてしまいちょっと気になってしまいました。レンズはとても良くグリーンの傾斜や芝目などはっきり見えて良かったです!

今回感じたのはやはりゴルフで必要なのは装着感がない軽めのフレーム特にキャップやバイザーをかぶってプレーするので素材的にはプラスチックの方が良いと思いました。後レンズはやや大きめが良くなるべく隙間ができない物が良いです!
実際ショット時はボールに集中している訳ではなくてもっとターゲットや自分の体の動きに頭が行っているので難しいのですが、なるべくボールを意識出来ないイメージが欲しいです。そういった意味で構えてスイング中景色が変わらない、そんな感じです! ちょっと表現が上手く伝えられなくてすみません…

これからまたいろいろと試させて下さい。よろしくお願い致します!

岩本
by kineido | 2010-04-15 10:06 | 金栄堂サポート選手

中嶋健生ティーチングプロインプレッション!

昨夜から展示会・セミナーのため仙台に来ておりますが、

朝一でこれから戻り、また本日も仕事を開始いたします!

先日ご報告させていただきましたように、今年は特にゴルフに着目し

本当に使いやすいゴルフアイギアを作成していくつもりでおります。

そしてその中でお手伝い頂いております

中嶋健生ティーチングプロより実際にアイウェアをお使いいただいての

インプレッションをいただきましたのでご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:中嶋健生ティーチングプロ

c0003493_7284665.jpg


使用アイウェア:SWANS WA-5
カーボンホワイト/ブルー
レンズ:ライトスモーク

c0003493_7291097.jpg


お疲れ様です。
遅くなりましたが、写真をお送りします。
今回は曇りの中のラウンドでしたが、特に暗すぎるという感じはなかったです。
しかし、一緒にラウンドしたお客様の感想としては少し度が入った感じに見えるそうです。
私自身も少し感じましたが、しばらくすると慣れてきました。
サングラスをつけたり外したりせずに、ずっとつけてラウンドしたほうが違和感はなさそうです。
度が入った感じに慣れるまでは、構えたときのボールと自分との距離感が少し近くなった感じがあり、プレーヤーとしては少し不安になるかもしれません。
私は普通に打てましたが、その違和感が原因でミスをする人もいるかもしれません。

c0003493_7294157.jpg


良かった点としては、芝生の一本一本まではっきり見えるところです。
ゴルフは、ボールのライ(状況)や転がしていくところや落とし所、傾斜などを正確に判断していかなければならないので、情報収集という面ではかなりのメリットがあると思われます。
装着感はとても良いと思います。
重くもなく、ホールド感も抜群です。
ただ、私の場合まつ毛がレンズに少しあたりますので、調整したいと思います。
とりあえず思ったことはこの程度ですが、質問等ありましたらメールいただければと思います。
また次回ラウンドに行ったときにもメールさせていただきます。


中嶋 健生


c0003493_7301393.jpg

by kineido | 2010-04-14 07:30 | 金栄堂サポート選手

高宮佑介選手インプレッション!

本日は当店のサポート選手:高宮佑介選手よりインプレッションを頂きましたので

ご紹介させていただきます!

■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:高宮佑介選手

c0003493_9123423.jpg


使用サングラス:OAKLEY JAWBONE

使用レンズ:RedIridiumPolarized

天気:晴れ~曇り

気温:12℃ 

c0003493_9125586.jpg



今日は気温が前日より7℃くらい低く肌寒い気温ですが天気は晴れ~曇りという天気でした。
風が強かったのでVENTEDでは風やゴミなどがサングラスの中に入り込む可能性があると思ったので今日はふつうのレンズで行きました。
時々日差しも強かったですがRedIridiumPolarizedのおのかげで集中して練習に取り組むことができました。
サングラスホールド力が丁度よく自分的にはとてもいいサングラスだと思うのでJAWBONEはとてもお勧めできるサングラスです。

■裸眼の状態

c0003493_9131869.jpg






■レンズを通してみた視界

c0003493_9134051.jpg



東北高校高宮佑介
by kineido | 2010-04-13 09:14 | 金栄堂サポート選手


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧