<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

OAKLEY 2008 SIGNATURE

■ZEAL VERO


「ラグジースポーツ」をキーワードに「軽量性」「遮光性」「通気性」を備えたモデル。インジェクション成型ならではの立体感とエッジ感がスポーティー感を演出し、カーフロントグリルをモチーフにしたブリッジ三穴が通気性を確保。

光の進入を防ぐサイドカウルが後付フードでは成し得ないフォルムを実現。また、テンプルも極限まで贅肉をそぎ落とされている。エアインテークから取り込むフレッシュエアによるデフロスト効果は絶大。今までのZEALの粋を集め、フィードバックさせた最新フレームです!
トッププロの意見を余すことなくフィードバックした進化系インジェクション・VERO(ヴェロ)、どうぞよろしくお願いいたします!










そしてOAKLEYから待望のシグネチャーシリーズが入荷!本数に限りがありますので欲しい方はお早めに!
■TROY LEE GASCAN


モトクロスレースに夢中だった少年、トロイ・リーが自宅ガレージで友人のヘルメットにペイントを始めたことがすべての始まりだった。一人の少年の趣味が今やプレミアカスタムヘルメットペイントショップとして世界中で高い人気を誇っている。Troy Lee Designs は最高のものを求める世界最速のレーサーが集う場所となった。
そのTROY LEEがデザインしたモデルがこのGASCAN。
PolishedBlack/BlackIridium \27,300










■NICKY HAYDEN OILRIG


幼少のころから数々のレースに参戦。86年デビュー。02年にはAMAスーパーバイククラスチャンピオンを獲得し、03年から世界選手権MotoGPクラスへの挑戦を開始した。05年は第8戦アメリカGPでポール・トゥ・インを達成、MotoGPクラス優勝を果たした。シーズンを通し活躍を見せ、6度の表彰台登壇を果たし、ランキング3位を獲得した。06年も引き続きRC211Vを駆り、最高峰クラスのチャンピオンに輝いた。
そのニッキーヘイデンが愛用するOILRIGがシグネチャーとして登場。
PolishedBlack/BlackIridium \22,050








■STEPHEN MURRAY HIJINX


BMX本場アメリカで頂点を目指すべくイギリスからアメリカに渡り、10年以上のキャリアを積んだ。2001-2002X-GAMESのBMXダートジャンプとGravity Gamesで連続優勝を果たした。以後数え切れないほどの大会で優勝し、金メダルを獲得。2007年6月22日、DewActionSportsTourダート決勝戦でダブルバックフリップの最中に地面に叩きつけられる事故に見舞われた。脊髄損傷の選手生命を絶つ大怪我によって人生が一変、今なお愛する家族に支えられながら強い意志でリハビリ生活を送っている。
そのステファン・マーレイのハイジンクス。
PolishedBlack/BlackIridium \21,000











■LIVE STRONG SIGNATURE M FRAME

もう、言わずとも知れたランス・アームストロング・シグネチャーがRADAR、FLAKJACKETに引き続きMフレームで登場!

精巣膜癌との闘病の後、ツール・ド・フランスで前人未到の7年連続総合優勝(1999年~2005年)を達成した。その活躍は世界的に広く知られ、2002年にはスポーツイラストレイテッド誌のSportsman of the yaerに輝き、2002年、2003年のAP通信年間最優秀男性アスリート、2003年、2004年のESPNのESPY賞最優秀男性アスリート、2003年のBBC年間最優秀スポーツ選手賞海外選手部門の各賞を受賞している。

LIVESTRONG M FRAME JetBlack/BlackIridium Hybrid S 価格 \31,500







これらの商品全て入荷しております!ほしい方はお早めに!


7月も本日で終わり。今月は本当になんだかんだあった月でした。ほぼ病院生活でしたが(泣)。来月からまた当店では新展開を予定しておりますのでお楽しみに!
最後に刈谷での集合写真。来月もまた頑張ってまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします!
c0003493_15305291.jpg

by kineido | 2008-07-31 15:31

Zerorh+ JUNIOR

おかげさまで経過もよく、次の検診が来月。
体調は思いのほかよいですが、先日倒れたときにかなり口の中を切ってしまい、口内炎だらけで現在うまく話せません(泣)。お電話を頂いております方やご来店いただいております方には聞き苦しい話し方で申し訳ございません。あと1日2日で元通り話せるようになると思いますので、もう少々お待ちを。
体はおかげさまで順当に回復してきています。









Zerorh+から待望のジュニア用サングラスが発売!





2008年7月7日(月)から北海道洞爺湖でG8サミットが開催されています。その最大のテーマは、地球温暖化対策です。現在オゾン層の破壊で日本でも年々有害な紫外線が増加しています。特に紫外線対策がもっとも必要な子供達に対する具体的な活動が日本では殆ど行われていないのが現状です。

成長期の子供が受ける紫外線の量がその後に与える影響が大きいことが医学的にも証明されている中、zerorh+は、まず子供の目を守ることが最優先と考えています。外で遊ぶ機会が最も多い子供達全てがサングラスをかけてもらえれば理想ですが、親の意識も低い中では大変難しいと思います。ではどうすれば良いのかと考えた我々の結論は、炎天下に長時間スポーツに励んでいるスポーツジュニアにターゲットを絞り込みました。

世界保健機構(WHO)は、子供の紫外線対策の必要性を訴え続けています。


子供に紫外線対策が重要な理由として下記の5点を挙げています。
1、 子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、
   大人よりも環境に対して敏感である
2、 子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや
   眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高める
3、 生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる
4、 紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こす
5、 子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多い


+紫外線対策の先進国であるオーストラリアの取組

皮膚ガンの発生率の高さが深刻化しているオーストラリアでは、通称『Sun Smart』と呼ばれる皮膚ガン予防の対策が1980年代初めよりスタートしました。
覚えやすい標語として、Slip(スリップ = 長袖を着る)、Slop(スロップ = サンスクリーン剤を塗る)、Slap(スラップ = 帽子をかぶる)、Wrap(サングラスをかける)を実行するよう呼びかけるなど、ラジオ、テレビを使ったPR活動はもちろんのこと、いろいろなイベントを通じて、子供の頃の日焼けが大人になってから皮膚ガンの原因になることを教育しています。 特に子供達を紫外線からまもる対策は想像以上に徹底しています。
小学生から高校生まで一貫して紫外線の有害性を科学的に説明し、自分をまもるための行動を具体的にどのようにとるか考えさせる、非常に工夫した指導がなされています。
また市街地では、樹齢100年以上の木を残し日陰として利用し、幼稚園の屋外のジャングルジムには屋根をつけ直射日光を避けるなど、町のあちこちで紫外線対策が施されています。 日本の子供や大人の日焼け対策でも、基本的にオーストラリアと全く同じことと考えていいのです。 一度くらいは強い日焼けをしても別に害がないと考えるのは間違っています。 その害は、その時すぐには出ないだけで、細胞内の遺伝子には傷跡が残る可能性が高いのです。 幼稚園や小中学校の屋外活動の時には、木陰やテントなど日陰を利用する工夫に加え、帽子をかぶり、顔にはサンスクリーン剤を塗って皮膚を保護することが成人になってからの健康な皮膚の維持に不可欠なのです。

+サングラスは役に立つか?

サングラスはファッション性が高く特別なものと思われがちですが、紫外線から目をまもるには効果的です。選ぶときのコツは紫外線防御効果のあるレンズが使われているか否かを確認することです。また、完璧にシャットアウトしたいときはゴーグルタイプのものを選びます。サングラスは、まぶしさ、つまり可視光線を遮るためにレンズの色が濃いものが多く、そうなると視界が暗くなるため瞳孔が開きます。そこへ横からの散乱紫外線がどんどん入り込んでしまうのです。横・下からの反射光が強い環境では(海辺、スキー場など)白内障や急性角膜炎を予防するため、全方向からの紫外線もカットできる顔を包み込むタイプのサングラスがよいでしょう。
とはいえ、毎日外出時にそのようなタイプを着用するのはなかなか難しいでしょうから、サングラスを選ぶとすれば、レンズは大きく、適度な透明性があり可視光線を遮らないもので、紫外線をしっかり止めてくれるものが理想的です。

+紫外線は5月がいちばん強い?

日本は四季のはっきりした国です。紫外線Bの量は季節によって大きな違いがあり、特に夏と冬とでは差が大きくなります。紫外線AはB波ほどには季節による差は大きくありません。
日本では紫外線Bに注意をしなければいけないのは、春のお彼岸から秋のお彼岸の間のだいたい4月から9月までと考えてよいでしょう。かつて紫外線のピークは5月といわれたことがありましたが、それはA波のことで、B波ではないことがわかりました。地域やその年の気象条件によっても多少の違いはありますが、だいたい7、8月を中心とした2か月間くらいが最も紫外線B量が多い時期となっています。 ただし、5月に急に紫外線A・B量がともに増える月ですから、そういった意味では注意が必要かもしれません。湿度が低く快適に過ごせるため、戸外で過ごす機会が増える一方で、まだ紫外線に対する準備が整わないことが考えられます。紫外線の対する注意が最も必要とされる月である、ともいえるでしょう。

+紫外線対策がもっとも必要なのは子供たち

●子供ほど紫外線の影響をたくさん受けている
オーストラリアで行なわれた疫学調査で、子供の頃に強い太陽紫外線を浴びる環境にいた人が、大人になって皮膚ガンになりやすいことが証明されました。
オーストラリアの白人は、イギリスなど年間の太陽紫外線が少ない所からの移民です。子供の頃に移民すれば、長年にわたり大量に紫外線を浴びることになるわけです。
オーストラリアで生まれた子供や10歳までに移民した人に皮膚ガンが多く発症することがわかったのです。 子供の皮膚は大人に比べて分裂する回数が多いのです。そのため、紫外線で遺伝子に傷をつけたまま遺伝子DNAを合成することが多くなり、遺伝子が元の通りに治らないで間違うことも多くなります。
これまでの多くの疫学調査では、年間の紫外線照射量が多い地域の住民や、屋外労働者に皮膚ガンが多いということの他に、同じ紫外線量でも子供の時に浴びるほど、紫外線の悪い影響が大きいということがわかっています。 一生に浴びる紫外線量のうち50%は、18歳ぐらいまでに浴びてしまうといわれています。 若々しく健康な皮膚を維持するためには、小児期から無駄な日焼けを避けることが重要です。 紫外線から赤ちゃん、子供達を守るのは、我々大人の責任だと思います。 大人の対応によって、子供達をシミ、腫瘍や老化、また皮膚がんから防ぐことができるのです。

+zerorh+スポーツジュニア専用モデルの特徴

特に梅雨明け後の7月から9月まで子供達は夏休みにも入り、1日中炎天下でスポーツをしたり遊んだりする時間は最も多くなり、有害な紫外線にさらされる事となり非常に危険です。zerorh+としては、スポーツをする子供達専用のサングラスを開発する事で、

①有害な紫外線から目を守る。
②NXTソフトレンズの使用で不慮のアクシデントからも目を守る。
③風・埃・花粉から目を守る。
④目に優しくて良く見えるレンズを使用することで、目に対する負担もなく、危険も察知しやすくなりプレーに集中出来る。


この4つのメリットをスポーツジュニア専用モデルとして大きく打ち出しています。少年野球・ジュニアゴルファー・ジュニアテニスプレーヤー・ジュニアサイクル・ジュニアランナー等全てのスポーツジャンルで使用して下さい。試合中や大会中は、色々なルール・規制などでサングラスを使用出来ないこともると思いますが、普段の練習ではサングラスの使用を強くおすすめ致します。

+STYLUS See Safe XS ジュニア 取り扱いショップ
環境サミットともいわれている洞爺湖サミットにあわせ、7月7日(月)より同モデルの販売をスタート致しました。




■STYLUS JUNIORの特徴




フレームとテンプル素材は、非常に軽量(19g)で、更に柔軟性と復元力にも優れています。成長期のお子様の頭の大きさが変わっても、大きさに合せて柔軟に対応出来、長くご使用頂けます。




ノーズパッドは、自分の鼻の大きさ・高さに合せてご自身で簡単に調整することが出来ます。パッドは汗をかいてもズレにくいノンスリップ素材を使用しています。自分に合った調整が出来ることで完璧なフィッティングが出来るのでプレーにも集中することが出来ます。






紫外線の量でレンズの濃さが変わるオレンジ調光レンズ。肉眼よりも物体を鮮明に捉えることが出来る目に優しいレンズ。レンズの丸い部分は、紫外線をあてて変色させた箇所。






zerorh+サングラスが目を守るためのサングラスと言われる最大のポイントは写真の通り手で曲げることも出来て割れることもないレンズ新素材NXTソフトレンズ。転倒やボールなど、不慮のアクシデントから目を安全に保護できる目のエアバッグレンズ。STYLUS See Safe XS ジュニアサングラスは全てこのNXTソフトレンズ(調光機能付)を使用しています。







テンプルエンドには、激しい動きにもずれないようにスポーツグリップを標準装備。




STYLUS JUNIORのカラーバリエーションは下記のとおりとなります。
■STYLUS RH618 カラー:06
価格:18,900





■STYLUS RH618 カラー:07
価格:18,900




大事なお子様の眼をしっかり保護してあげましょう!
■Zerorh+ STYLUS JUNIOR RH618













「国際ガンダム学会」発足 アニメの中の未来都市を研究 (産経新聞より)

人気アニメ「機動戦士ガンダム」について学術的に研究する「国際ガンダム学会」が発足することになり、28日、広島経済同友会(山本一隆代表幹事)などが発表した。8月末に設立シンポジウムを広島市内で開催し、作品に描かれた未来都市の姿を研究する。

学会は、社会学や建築工学の大学教授など有識者で構成し、橋爪紳也・大阪府立大学特別教授が会長に就任。作品の中で描かれている、人口の増加により宇宙に移民する時代「宇宙世紀」を経済学や社会学の観点で分析。作品が提示している未来像の実現可能性や、課題について議論する。
 「機動戦士ガンダム」は、昭和54年に放送された人気ロボットアニメシリーズ。「地球連邦軍」と宇宙に進出した「ジオン公国」との戦争を舞台に、主人公の少年たちが成長する過程を描いている。

このビッグZガンダムが欲しい・・・・

じゃなく、プラモ店に新しく導入される制度があるそうです。


情報と技術の発信基地だった町のプラモ屋さん復権を狙ったバンダイの「プロショップ」制度。マイスターを置きサンプルを組み立て展示する“義務”があるがファン垂涎の限定品を販売できる“権利”も。写真は第1弾の“ガンプラ名人”川口克己さんバージョンの「ガンダム」。

当店も皆様に喜ばれるために、スポーツサングラス・スポーツグラスのプロショップとしてこれからも頑張っていきたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします!
by kineido | 2008-07-28 19:13 | 機能

HALF X (ハーフエックス)

従来の枠を超えた治金技術を採用したオークリーのX-METALシリーズ。
オークリーの代表的なモデルのROMEO2やJULIETに続く待望のニューモデル HALF X-ハーフエックス-が登場。!

セミリムデザインのフレームには並外れた強度を備えた軽量チタニウム合金を採用。
8.75ベースカーブのレンズには、ハイドロフォビックレンズコーティングも施され、水分や油分がつきにくく、メンテナンスが楽なスペックとなっています。UV-A、UV-B、UV-Cと眼に有害な部分の青色光を100%カットし、しっかり眼をプロテクトしながら、鮮明でクリアな視界を約束します。




●HALF X SPEC
・X-METALチタニウム合金製フレーム素材
・快適なフィット感のスプリングヒンジシステム

・快適な掛け心地と最適なレンズポジションを確保するスリーポイントフィット
・3つの軸でレンズを光学的に補正することであらゆる角度からの歪みを最小限に抑えるHDOレンズテクノロジー
・Hydrophobicハイドロフォビック撥水・撥油レンズコーティング
・UVA,UVB,UVC,そして有害な青色光を100%カットするPlutoniteレンズ
・米国工業規格協会ANSI Z87.1の高速・高圧衝撃・光学テストをクリア
・水分や汗によってフィット感を増すUnobtaniumノーズピース(大・小)とイヤーソックス



実際に掛けるとこんな感じです。
c0003493_13412657.jpg

非常にデザイン性に優れ、何よりカッコイイ!新型X-METAL HALF X よろしくお願いいたします!

■OAKLEY HALF X

















イチロー、観戦の母の前で超美技!
7月24日18時31分配信 デイリースポーツ



「マリナーズ3-6レッドソックス」(23日、シアトル)
マリナーズのイチロー外野手(34)はレッドソックス戦で1安打し、日米通算3000安打にあと5本。城島健司捕手(32)は無安打。レッドソックスの岡島秀樹投手(32)は2/3回を無失点だった。
  ◇  ◇
イチローが華麗に跳んだ。三回の守備。見送ればホームランになっていたドルーの飛球にジャンプ一番。フェンスに首を打ちつけながら目いっぱいに伸ばしたグラブにボールを収めた。
総立ちの客席。悔しがる相手打者。興奮が渦巻く中、イチローはポーカーフェースを貫いた。「捕った後にどれぐらい感情を抑えられるか。そこで抑えられると気持ちいい。思わず、喜びが出るとつまらない」。人知れず、快感に浸った。
打っては、一回の左前打で日米通算2995安打。節目の数字まであと5本としたが、「そんなに近くないよ」と1本打つことの難しさを改めて強調。早く到達したい気持ちがある一方で「じらした方が気持ち良かったりするでしょ、っていうのは後から思ったりもする」と表情を緩めた。
この日、ネット裏には日本から応援に駆けつけた母・淑江さんの姿があった。かつてイチローは「その瞬間にしかいられない人がいる。その人のために何かを見せてあげたいと思うのは当然です」と話したことがある。年に1度の“母親参観”。超美技と2995本目の安打。いい親孝行になったに違いない。


掲示板でもご質問いただいたイチローモデルもまもなく!
詳細はまた後ほどご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします!
by kineido | 2008-07-25 13:43 | OAKLEY

新シグネチャー

本日OAKLEYの新シグネチャーが入荷!

アメリカ出身のプロスノーボーダー、グレッチェンは、2006年トリノオリンピックの女子ハーフパイプ級メダリスト。その愛らしいルックスからは想像の出来ない迫力あるライディングとエアーで抜群の人気を誇る。アメリカでアスリートの粋を超えた幅広い活躍で国際的な人気を誇っている。オフはサーフィンと、こよなく愛するハーレーダビットソンに乗って過ごすワイルドな一面を持つ。オークリーとはゴーグル・ウェアの契約で、2008FWシーズンからは自らが手がけたシグネチャーウェアやゴーグルも発売を開始する。
オークリーのアイウェアに掛けた30年に渡る情熱は、トップレベルのアスリートたちから競技に重要な役割を担うギアとして絶大なる信頼を得るという今日の結果につながってきました。
この夏、あらゆるスポーツカテゴリーをサポートしてきたオークリーを代表するトップアスリートやライダーのシグネチャーモデルがリリースになります。

■GRETCEHN BLEILER GRAPEVINE










そして当店の新レンズを本日より発売いたします!
強烈な散光を抑え、過酷な状況を乗り切るレンズ
■ノンディフュージョンレンズ


通常のレンズ濃度をはるかに超えるレンズ濃度で可視光線透過率を5%まで下げたレンズ。強烈な光から目を守り、視界を確保する為に作成したNON-DIFFUSION。紫外線はもちろん100%カット。過酷な状況でしっかりと状況把握が出来るレンズカラーです。
価格は2枚1組\16,800~。
現在のこの強烈な光、そして冬山・雪山でのチラツキを軽減し、眩しさを抑えてくれるレンズでございます。どうぞよろしくお願いいたします!

■ノンディフュージョンレンズ










そしてまもなく新X-METALの発売が・・・・
詳しくはメルマガにて!ご登録がまだの方はお早めに!
■メールマガジン登録






まだ体調は十分ではありませんが、しっかり養生し、この夏も乗り切っていこうと思います。これからが最も忙しい時期。暑さにも負けず、精一杯頑張りたいと思います!
by kineido | 2008-07-23 19:28 | OAKLEY

担当復活のお知らせ

いつも大変お世話になっております。
6月28日に愛知県で行われたサッカー大会に出場させていただいたのですが、そこで頭を強打してしまい意識がなくなって愛知県刈谷市の病院に搬送され入院となってしまいました。
急性硬膜下血腫ということでその後7月9日に一旦刈谷市の病院を退院し、10日に山形県長井市の病院に再度入院となりました。
とりあえず緊急手術は免れ、自宅療養と仕事をしながら様子を見るようにと医師から指示があり、また病院通いは続きますがとりあえず一旦退院してまいりました。
c0003493_1425119.jpg

当HPをご覧頂いております皆様には返信が出来なかったり更新が出来ませんで大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、これからまた順次HPも更新してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

そして本日早速HPの更新もさせていただいております。
これから順次様々な商品をご紹介させていただきますので、是非またご覧頂けますようお願い申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします!

■金栄堂HP
by kineido | 2008-07-21 14:25


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧