人気ブログランキング |

真実を進化させ「見える」をより確かなものにしてくれるFact®SPORTS(ファクト スポーツ)発売開始!

先月末は、月末に恐縮ではございましたが

長井高校サッカー部の皆でプロが選ぶ日本の旅館100選にも選ばれた

日本の宿・古窯(こよう)さんで新年会をさせていただきました!

c0003493_11422585.jpg

c0003493_11401928.jpg

c0003493_11425124.jpg


夜は友人たちとサッカーのリオ五輪最終予選U-23の試合を見て

その逆転劇と見事アジアチャンピオンになったことに歓喜してと、

とても楽しい時間を過ごさせていただきましたし、

2016年最初の月は忙しくも、とても充実した月を過ごさせていただきました。

そしていよいよ2016年も2月に突入ですね!

今月もまた様々な展開をしてまいりたいと思いますし、

金栄堂オリジナル特許技術採用レンズFact®の進化バージョンを

満を持して本日より発売を開始させていただきます!





2016年2月、ついに金栄堂特許技術採用レンズFact®に

よりスポーツに特化させた超レンズが登場!

真実をさらに進化させ「見える」をより確かなものに映し出す超レンズ
Fact SPORTS -ファクト スポーツ-


c0003493_11214470.jpg

c0003493_1122022.jpg




金栄堂開発、そして特許取得レンズ設計Fact Design採用。

通常染色では出来ない驚くのほどの鮮明さを確立。

さらに特殊波長コントロールで高いコントラスト性能と視認性を実現し

より確かな「見える」を体現します。


c0003493_11225269.jpg


光そのものをコントロールする唯一無二の技術+最も自然に見える特許技術

その驚きの見え方は、まさに一目瞭然。

グレアによる不快感や眼精疲労を軽減し、

真実をさらに進化させた見え方を実現した防眩レンズ


c0003493_11234977.jpg


グレアとは、不快感や物の見えづらさを生じさせるような

「まぶしさ」のこ とをいいます。

特に高齢者はグレアを感じ易く、

また不快感から回復するのに要する時間も長い傾向にあります。

グレアは、程度によっては単なる不快感にとど まらず、

眼の障害や、状況把握能力の急な低下による事故などにもつながるため、

照明器具の設計や照明計画などにおいては、

グレアを防ぐことが必須となっております。

なお、グレアは光害という概念とも一部共通しますが、

「光害」が主に 公共性の面での問題として捉えられるのに対し、

「グレア」はより工学的な問 題として捉えられています

(2015年9月Wikipedia-グレア-より一部抜粋)

このグレアによる不快感や眼精疲労を軽減し、鮮明な見え方を提供するために

無機質のネオジウムを有機質のプラスチックレンズに練りこむことで

透過する光を波長ベースでコントロールすることに成功した

通常染色では成しえない視界を実現する世界初の技術。

c0003493_11301650.jpg


そして金栄堂開発の「数あるレンズの中で最も自然に見える」レンズ技術。

この相反する性能が一つとなったこのレンズは

今までにないどのレンズよりも鮮明に世界を映し出し、

あなたに「見える」ことをより実感していただける最強のレンズです!

■何も掛けていない状態での見え方
c0003493_112422100.jpg


■Factスポーツを通した見え方
c0003493_11243746.jpg


■夕方一般的なサングラスでの見え方
c0003493_11245498.jpg


■夕方Factスポーツを通した見え方
c0003493_1126482.jpg


人間が最も眩しいと感じる波長域<比視感度の数値の高いところ>を著しく吸収し、

像のコントラストを高め、クリアな視界を提供する防眩フィルターレンズを、

お好みの視界にあわせた4つの濃度でご用意しています。

特殊染料をプラスチックレンズに練り込む事により

「グレア」と呼ばれる不快感やモノの見えづらさを解消する画期的なレンズ。

一般的なサングラスレンズでは変に暗くなってしまいがちですが、

Factスポーツは眩しさを抑えながらも

しっかりと対象物を見ることが出来る新レンズです!

■見たいものをよりはっきり見せるために

金栄堂が着目した比視感度


c0003493_11264133.jpg


ヒトの目が光の各波長ごとの明るさを感じる強さを数値で表したもの。

明るい場所に順応したときに、ヒトの目が最大感度となる波長での感じる強さを

1として、他の波長の明るさを感じる度合いをその比となるよう、

1 以下の数で表したものです。

明るい所では555nm(ナノメートル)付近の光を最も強く感じ、

暗いところでは507nm付近の光を最も強く感じるとされています。

標準比視感度とは、国際照明委員会(CIE)と

国際度量衡総会では、ヒトの比視感度の平均から

世界標準となる「標準比視感度」が規定されました。

(2015年9月Wikipedia-比視感度-より一部抜粋)


■何も掛けていない状態での見え方
c0003493_1127760.jpg


■Factスポーツを通した見え方
c0003493_11275444.jpg


■何も掛けていない状態での見え方
c0003493_11281030.jpg


■Factスポーツを通した見え方
c0003493_11282378.jpg


上記の写真はサイズ以外の一切の画像処理を行っておりません。

この写真からもおわかりいただけるように適当に眩しさを軽減するのではなく、

この比視感度をもとに効率的に眩しさを抑えながらも、

見たい対象物をより鮮明に映し出すのがFactスポーツです。

ただ眩しさを抑えるだけのサングラスでは本当に見たいものも暗くしてしまい、

見にくくしてしまいます。

ですがこのFactスポーツは葉(上写真)を眩しい環境の中でも

照り返しを抑えながらもより鮮明に葉の表面の模様まで映し出しますし、

雪のある道路など(下写真)では

轍(わだち)がよりくっきり見えるのがお分かりいただけると思います。

このように様々な場面でFactスポーツは眩しいと感じる光だけを抑えながら、

本当に見たいものを的確にあなたの目に届けます。

■Fact SPORTSで、より「見える」を体現し、

あなたを更なる高みへ


c0003493_11285561.jpg


Factスポーツを使用することで他のどのレンズも

今まで成しえなかった「裸眼より見える」を

瞬時にどんな方にも体現させます。

眩しい場面では電線などがないように見えてしまう場所もありますし、

雲もぼんやりと見えているものが、

このFactスポーツを通した部分だけが電線がはっきりと、

雲もその形までこの写真からわかるようにしっかり捉えることが出来ます。

今まで見えなかったものが見える、

これはあなたにとって新しい大きな力となるレンズであることは間違いありません。

一目瞭然という言葉を、まさに形にした超レンズです!

そしてこのFactスポーツも使われる状況や環境に合わせて

様々なバリエーションをご用意させていただいております!

是非金栄堂HPにてチェックしてみてください!

c0003493_1129929.jpg


あなたに真実を届け、さらに「より見える」を体現させることが出来る唯一無二の、

そしてあなたが本当に見たかった世界を映し出す超レンズ、

それが金栄堂新レンズ・Fact SPORTS(ファクト スポーツ)です!

今までどのレンズも成しえなかった、この素晴らしい視界を

是非体感してみてください!

どうぞよろしくお願いいたします!


真実をさらに進化させ「見える」をより確かなものに映し出す超レンズ
Fact SPORTS -ファクト スポーツ-


c0003493_11214470.jpg

c0003493_1122022.jpg












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by kineido | 2016-02-01 11:52 | レンズ


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧