人気ブログランキング |

レンズカラー特性

alain mikliの新作・A0698のBlack&Whiteシリーズ・22番カラーが入荷!
■アランミクリA0698 22





そして長らくお待たせをいたしましたが市松模様のチタンシリーズA0523の11番も再度入荷してまいりましたので合わせましてよろしくお願いいたします!
■アランミクリA0523 11











本日はレンズカラーと言うものに関して触れていきたいと思います。少し、というかかなり長くなりますが(汗)、レンズカラーの定義と、当店のレンズカラーの選び方をご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします。



まずはレンズカラーであらわされるものがどういうことなのかということを簡単にではありますが説明させていただきます。

■可視光線透過率

よく様々なレンズカラーを選別する際に可視光線透過率という数値で表される場合がスポーツグラスの場合は多いですね。
では可視光線透過率とは何だろう?という話になってきます。
レンズの色の濃度=可視光線透過率ではありません。
何もメガネを掛けない裸眼の状態では可視光線透過率は100%となります。つまり何も光をさえぎるものがないということですね。
一般的に言われている可視光線透過率とは視感透過率のことを指します。レンズが目に見える光をどれだけ通すかの数値で、0%~100%の数値で表されています。この数値が0に近ければ近いほどレンズは光を遮り、100に近ければ近いほどレンズは光を通します。例えばオークリーBlackIridiumを例に挙げますと、BlackIridiumの可視光線透過率は10%となっております。つまり10%だけ光を通して、90%光を遮るということになります。






■分光透過率

分光透過率とは可視光線、紫外線、赤外線などの光を各々の波長ごとに計測したものです。
目で認識できる光を可視光線といいますが、可視光線は波長の短い順から紫・藍・青・緑・黄・橙・赤と変化していきます。それぞれの波長帯においてどのくらい光を透過するかを計測した数値を0~100%であらわしたものを分光透過率表と言います。










■透過率と明るさ

一般的に可視光線透過率の数字が高ければ高いほど自分から見た場合は明るく見えるとお考えください。仮に可視光線透過率10%のレンズと30%のレンズで比較した場合は、可視光線10%のレンズは30%よりも20%暗くなります。30%のレンズは10%のレンズより20%明るいということになります。レンズ濃度の場合は50%と70%で比較した場合、50%の方がレンズ濃度が薄く明るく見えます。70%濃度の方が暗く光を遮るレンズとなります。可視光線とレンズ濃度の違いについて、お間違えにならないようお気をつけください。









■レンズの透過率及び特性に関する事項(JIS規格)


●分類
レンズカラーはJIS規格により下記のように分類されます。
▲無色レンズ:カラーが施されていない。
▲クリアレンズ:濃度20%未満(視感透過率80%を超える)カラーが施されている。
▲均一カラーレンズ:濃度20%以上のフルカラーが施されている。
▲グラディエントカラーレンズ:濃度20%以上のグラディエントカラーが施されている。



●カテゴリー
レンズカラーは視感透過率ごとに下記のようなカテゴリーに分類されます。
▲カテゴリー0:視感透過率80%を超えるもの
▲カテゴリー1:視感透過率43%を超え、80%以下のもの
▲カテゴリー2:視感透過率18%を超え、43%以下のもの
▲カテゴリー3:視感透過率8%を超え、18%以下のもの
▲カテゴリー4:視感透過率3%を超え、8%以下のもの
※レンズは視感透過率で3%を超えるものでなければならない。


●運転適合性
▲車の運転に使用する際は視感透過率が8%以上のものを使用しなければならない(カテゴリー4は不可)
▲信号機の認識がしづらいもの(相感視感度減衰率が赤0.8、黄色0.8、緑0.6、青0.4以下のもの、または500nm~650nmの波長帯において一部でも相感視感度減衰率が0.2以下のもの)
▲夜間運転不適合 視感透過率が75%以下のもの
※但しレンズカラーの特性によっては夜間運転適合するレンズカラーもあります。


※相感視感度減衰率
視感透過率τV【タウブイ】という単位で表します。380nm~780nm(ナノメーター)の波長区間で、標準光源の分布に比視感度関数をかけたものを分母とし、レンズを通して入射した光束に比視感度関数をかけたものを分子とし、100をかけたもの。(単位は%)
相感視感度減衰率(Q)の求め方  Q=τsign/τV











■紫外線(UV)について

目に見える光が可視光線と呼ばれ、紫外線とは肉眼で認識できない光です。可視光線が上記にも書かせて頂いておりますように400nm~760nmまでの波長帯の光のことを差します。400nm~280nm以下の波長帯の部分が紫外線となります。
紫外線は英語でウルトラ・バイオレットと呼ばれ、その頭文字をとってUVと言われています。UVには波長帯によってA波、B波、C波に分類されます。UV-Aは320nm~400nmまでの波長帯、UV-Bは280~320nm、UV-Cは280nm以下の波長帯となりますが、UV-Cはオゾン層でほとんど吸収されるため、地表にはほとんど降り注ぎません。逆にUV-A、UV-Bはオゾン層を透過し、地表に降り注ぎ、目を含む人体に悪影響を及ぼす場合があります。
メガネレンズでは、紫外線カット、UV400、UVカットなどの処理をレンズに施すことやそういった素材のレンズで紫外線(UV))を吸収し、目に有害と言われる紫外線の進入を防ぐことが出来ます。
当店で取り扱うスポーツレンズは全てこのUVカット処理がされております。

※上記の説明より、紫外線カットで可視光線は遮ることが出来ません。そのため、紫外線カットをしたことで理論上は減光する効果はないものとお考えください。また、レンズカラーにより可視光線を減光しても紫外線カット処理が施されていないものは、レンズに色がついていても紫外線は透過してしまいます。当店のスポーツレンズは全て紫外線・UVカットとなっております。












スポーツにおいてのレンズカラーの分類


レンズカラーは大きく分けて色を変化させないナチュラルカラーと、色調は変化するが、その特性により一定の波長を減光・強調させるコントラストカラーに分かれます。

■ナチュラルカラー


一般的にグレーなどのカラーがナチュラルカラーに分類されます。各々の光の波長帯において一定に減光する効果があります。その為、色調はほとんど変化せず、眩しさだけを抑えてくれる効果があります。出来るだけものを正確に認識したい場合や景色を楽しみたい、一般的に疲れにくいカラーがこのナチュラルカラーと呼ばれるものです。








■コントラストカラー


各々の波長帯において、減光する部分と減光しない部分があります。その為自然な見え方とは異なって見えますが、そのカラーによって一部のカラーを強調するために状況に応じてコントラストを高めるレンズカラーです。一般的に赤のレンズがコントラストレンズと思われがちですが、赤の波長帯だけでなく、青を強調するものや黄色や緑を強調するレンズカラーもコントラストレンズカラーと言うわけです。












金栄堂のレンズカラー選びと度数調整

■状況に応じたレンズカラーの選択

どのレンズカラーがよいのか?と聞かれることも少なくないですが、レンズカラーはそのスポーツや状況に応じて適切なレンズカラーが異なってまいります。その特性を踏まえ、選択することが重要になってきます。こちらのページにスポーツ別にお勧めのレンズカラーなども載せておりますので是非ご参照いただけますようお願い申し上げます。

●スポーツ別商品一覧









■レンズカラーの選択肢

レンズには様々な種類があり、色相・彩度・明度などまで考えてもその数は限りなく、無限とも言えます。当店では様々なレンズカラーレンズを取り扱い、また、各社純正レンズはもとより、ネオコントラストやNXT、TALEX偏光など、その状況に合わせて最適なものをご提案させていただいております。詳しくは下記のページをご覧下さいませ。

●レンズ一覧









■レンズカラーによる度数調整

濃いレンズカラーになればなるほど暗くなり視認性が下がります。その為そのカラー濃度や透過率に適した度数で作成を行います。また、レンズカラーには各々カラーによって強調する波長があったり、見えづらくなる部分があります。金栄堂では度付スポーツレンズで作成する場合、その方の使われるフィールド、スポーツ、レンズカラーによって度数設定を行い、最適な見え方と高いパフォーマンスを発揮できるように調整し作成を行います。








■実際に見え方を試せるサンプルレンズをご用意

あらゆるレンズがあり、当店では豊富なレンズを取扱しております。
実際に様々なレンズサンプルをご用意しておりますので、作成前にどのような見え方になるかを確認して頂くことが可能です。各種レンズカラー、そして偏光レンズや調光レンズ、NXTレンズ、ネオコントラストなど、その特性を実際に感じること・確認が出来、安心してレンズカラーをお選びいただけます。







無数にあるレンズカラー。その特性は様々で、状況や使用条件・スポーツに合わせて選ばなくてはなりません。当店ではお客様の使われる条件に合わせてしっかりレンズカラーを選別し、最適なスポーツグラスを作り上げます!

by kineido | 2008-03-11 12:03 | レンズ


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
機能
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧