人気ブログランキング |

カテゴリ:レンズ( 202 )

新素材偏光レンズ・CACCHU(カッチュウ)

いよいよ発売目前となりましたTALEXが送り出す次世代偏光レンズ・CACCHU(カッチュウ)。まずはサンプルとして当店に商品が入荷いたしました!正式な一般発売は5月中旬予定。
新素材偏光レンズ・CACCHU(カッチュウ)_c0003493_2126191.jpg

TALEXカッチュウは、ハイインパクト、つまり耐衝撃性を非常に高めたレンズです。耐衝撃性ということで行けばポリカーボネートという素材が皆さん目に浮かぶと思いますが、いかんせん、レンズの歪が入ってしまうというデメリットなどを全て解消した画期的レンズ!
詳しい仕様などは下記のページをご覧下さい。

■TALEX CACCHU

このカッチュウを使用したからこそ出来たTALEXとモーターマガジンのコラボレーションモデル・ozniS MM MODELは最軽量・安全性・最良の見え方を誇るサングラス。
新素材偏光レンズ・CACCHU(カッチュウ)_c0003493_2132681.jpg


やっと春めいてきて、これからが紫外線が最も強くなる季節。見え方と紫外線、両面から自分の目に最も優しいサングラスを作りましょう!
by kineido | 2006-04-06 21:32 | レンズ

田中KAKU氏レポート

当店のサポート選手・田中KAKU氏には様々な偏光レンズを使用していただいております。
様々なシチュエーションの中、田中KAKU氏に実際に様々な偏光レンズをご使用頂き、最も使いやすいと考えられる偏光レンズの組み合わせをレポートしていただきました!
田中KAKU氏レポート_c0003493_131317.jpg

全て実体験から今回お教えいただきました内容を皆様にご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします(以下田中KAKU氏コメント・1部要約してあります)。

★海釣り専用で眩しい時だけに使用するサングラスとしてはトゥールビューの自然さやトゥールビュースポーツの明るさは逆に効果が無いと判断される場合も有る様に思います。海釣りには優しすぎる気がします。
それはTALEXがあまりに良い為に、いままで性能の低い偏光をされていた方には???と思う方も居る気がします。
海釣りは過酷な環境にあります。ドライブ等の路面反射とは比べ物に成らないものがあります。一般の偏光レンズは淡水の釣りを基本にしてます。だからトゥールビュースポーツやトゥールビューの装着率が高いのです。海釣りアングラーはそれを我慢しているだけです。
しかし海釣り専用ならフォーカスが説得力があります。
普通のアングラーは眩しい時だけ使用します。その時にバキッと効く必要があります。
もしいままで市販品の性能の低い物を使用していて初めて良い偏光を求める方で海が主のフィールドであるなら
フォーカスをお勧めするのも良いと思います。
通常、何処に問い合わせても始めの一本ならトゥールビューorスポーツを勧めます。
でも海アングラーには僕はフォーカスだと思います。


現段階での田中KAKU氏にお使いいただいてるレンズバリエーション
●雨.曇天用 TALEXイーズグリーン
●やや曇り用 TALEXトゥールビュースポーツ.OZP-2000
●通常用 TALEXトゥールビュー.TALEXアクションコパー
●晴天用 TALEXトゥルービューフォーカス
●快晴用 TALEXディープグレー
(全てハードマルチ(反射防止コート付))

一般の方に勧めるのであれば
●雨.曇天用 TALEXイーズグリーン
●通常用 TALEXトゥールビュー
●快晴用 TALEXディープグレー

とりあえずの一本なら間違いなく
●TALEXトゥールビュースポーツ
☆一日中使用出来ます。

海釣り専用で一般的な偏光サングラスの価値観を持った方(眩しくないのがサングラス)なら
●TALEXトゥールビューフォーカス
☆眩しい時だけ使用する方なら。

この情報は当店のHPにも記載させていただきました。
田中KAKU氏のブログも是非ご覧下さい。
■田中KAKU氏Blog KAKU'sスタイル

OAKLEYの公式HPにいつのまにか新しいサングラスが登場していましたね。
■OAKLEY CROSSHAIR S
田中KAKU氏レポート_c0003493_1392589.jpg

正式に案内がきましたらまた皆様にご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします。また、OAKLEYをはじめ様々なブランドで新作ラッシュがこれから続きそうです。4月はもしかすると3回~4回東京出張もありそう。。。これからまた色々な商品が出てきますので楽しみにしていてください!
by kineido | 2006-03-27 13:13 | レンズ

KAKU's New Sunglasses

当店のサポート選手・田中KAKU氏に新しく今回ご用意させていただいたサングラスがこれ。Zerorh+AngelFish RH587のブラックフレーム+ブラックZEROクリップ!そしてレンズはTALEXで最も自然な色調とされるトゥルービューと自然な色合いを保ちながら強い日差しから目を守るトゥルービューフォーカスの2点!もちろん脱着可能です!
KAKU\'s New Sunglasses_c0003493_238877.jpg



こちらが装着した状態。RH587+ZEROクリップ+トゥルービュー
KAKU\'s New Sunglasses_c0003493_2384590.jpg



こちらがトゥルービューフォーカス装着状態
KAKU\'s New Sunglasses_c0003493_2391721.jpg



自然なカラーのこの2点のサングラス。釣果でどんな性能を発揮してくれるのか楽しみなサングラスに仕上がりました!
田中KAKU氏には安全のため、水面の見え方のため、様々な観点から様々なレンズやサングラスをご使用いただいております。サングラスがもっとも適切に、かつサングラスが使われる方にとって最大のメリットになるように当店も様々な手法やレンズセットを行い、安全で、かつ最大のパフォーマンスを得られるように田中様のご協力を仰ぎながら今後もスポーツサングラスを推進していきたいと思います。

田中KAKU氏のブログも是非ご覧下さい↓
■KAKU's STYLE
by kineido | 2006-03-15 23:18 | レンズ

カスタムその2・レンズ編

カスタムって色々なものがありますよね。その中でもメガネ屋でしか出来ないカスタム。そう、レンズカスタム!定番中の定番ですが、やはりレンズでそのサングラスやメガネの役割を変えることにもありますし、ファッション面でも大きく左右されます。
私が掛けているのはROMEO2。最近またよくお店で掛けてます。ROMEO2の人気も相変わらず好調です!レンズはクリア・オリジナルレンズシェイプ度付。
カスタムその2・レンズ編_c0003493_20503112.jpg


新作OILDRUMを使ってこんなカスタムも。レンズはグリーンミラーグレー偏光。通常ラインナップにエメラルドがない組み合わせだけに新鮮なイメージです!
カスタムその2・レンズ編_c0003493_20515161.jpg


また、これはもう当店で何度もご紹介させていただいておりますレッドミラーとスキー用レンズOZ-16。SPLICEに入れて店頭に置いてあります。
カスタムその2・レンズ編_c0003493_2053161.jpg

レッドミラーは発売当初からすごい人気でしたが、オークリーから赤系レンズがなくなっている今、沢山の方にご注文をいただいております。もうまもなくまた面白いレッドミラーが出来ますのでお楽しみに。

こんなものも作っておりました。
Mフレーム偏光レンズ。純正で偏光レンズがリリースされる前からバリエーションを揃えて発売。純正にないグリーンやコパー、イエローなど様々なシーンで使えるように製作しました。
カスタムその2・レンズ編_c0003493_20553392.jpg


そして調光レンズ。皆さんご存知、色の変わるレンズです。今年に入って非常に需要が高まっているこの調光レンズ。調光レンズでハイカーブ対応のものがあまりにも少なかったため、ブルーの調光8カーブレンズを作りました。度無しのみですが、当店だけの発売商品。色はこんな感じで変わります。
カスタムその2・レンズ編_c0003493_20581999.jpg


他にも様々なレンズがありますし、これからもどんどんカスタムレンズを追加予定!
皆さんも自分の考える、自分だけのカッコイイ、機能的なサングラスを作ってみませんか?
by kineido | 2006-02-22 21:00 | レンズ

調光レンズ

調光レンズという名前は意外に知られていないんですよね。調光レンズは当HPでも公開しておりますが、色が紫外線量によって着色するレンズです。
この画像のように色がほとんど無色に近い状態から着色し、最も濃くなるともう完全にサングラスですね。
調光レンズ_c0003493_2312582.jpg

フィルムの感光材が練りこんであるんですが、この調光というレンズに様々なレンズメーカー各社が目をつけてきています。
というのも当店にもよくご質問のメールを頂きます内容で昼も使えて夜も使えるメガネってないの?とよく聞かれるんです。私も自転車に乗ったり走りにいったりしますが、そのときに調光のメリットはやはりあります。
調光に先駆けたのはスポーツアイウェアではこのZerorh+でしょう。人気の高いエンジェルフィッシュやGOTHAの調光はフラッシュテストでも一瞬でレンズカラーが変わるほど変化の早い調光レンズ。
調光レンズ_c0003493_2319679.jpg

これに追随してルディープロジェクトからインパクトX調光シリーズがリリースされました。

機能性という面では色が変わるメリットはスポーツ分野では非常に高いものです。使い方を理解した上で使用するのであれば、レンズカラーに関して申し上げれば今のところこれにかなうレンズはないでしょう。
また調光レンズのレンズカラーなどについて今後触れていきたいと思いますが、今後目を離せないレンズです!
by kineido | 2006-01-13 23:25 | レンズ

ハイコントラストレンズOZ-16

今年は私も初めて経験するくらいの大雪です。この大雪の影響で交通などにも様々な影響が出ており、皆様にもご迷惑をおかけしております。
昨日も私はお客様にメガネを届けるために赤湯駅に向かっておりました。ところが昨日はものすごい暴風雪で視界1mもないホワイトアウト状態になる場面もしばしば。車も時速10kmを出したか出さないかの状況でした。
今回スキー専用ということでリリースしましたハイコントラストレンズOZ-16。もちろん日常使用が目的ではないのですが、あまりの豪雪に昨日車で出かけるときに使用したのがこのレンズ。
下記の画像をご参照ください。これが昨日の裸眼の状態でした。
ハイコントラストレンズOZ-16_c0003493_1827167.jpg

これではとてもではないですが、前に進むこともままなりません。これをOZ-16で見ると
ハイコントラストレンズOZ-16_c0003493_18281985.jpg

車の輪郭や標識や電線の位置が非常につかみやすくなっているのがお分かりいただけるかと思います。前述させていただきましたように日常使用にはあくまで使うレンズではありませんが、こうした極限状態の中で非常に効果を発揮します。特にスピードが高まれば高まるほど物体認識がしづらくなりますが、正確に、かつ瞬時にその作業が出来るのがOZ-16
スキーでは山の天候も非常に変わりやすいですし、目印になるものも少ないのでこのレンズが活躍してくれることは間違いないでしょう。
ちなみに私は例のごとくSPLICEで使用中です(笑)。私のTHUMP2も入荷してまいりました。色々なカスタムも考えております。また皆様にお見せいたしますね。
by kineido | 2005-12-23 18:34 | レンズ

偏光レンズの見え方:雪道の運転編

皆さんもうお分かりでしょうが、山形は雪国として有名。ここ長井市も結構な雪が積もります。特に今年は例年より雪が非常に早く、テレビで20年ぶりの大雪と言っていました。まるで2月ころのような積雪量でうれしいやら悲しいやら(笑)。
以前も書かせていただきましたが長井市は車社会。一家に一台、2台、3台なんてこともあるくらいです。ご他聞にもれず私も運転をいたしますが、雪が積もった場所では運転には最新の注意をもちろん払います。ですが、やはり眩しくて見えない!や道路が正確に認識できないなんて場面があればそれは非常に危険です。そういったときも活躍してくれるのがこの偏光レンズ!雪の反射光ももちろんしっかり抑えます。

じゃあ偏光レンズであれば何でもいいの?ということになるともちろんそうではありません。偏光レンズでも色によって見え方がまるで変わります。
例えば
偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_1533227.jpg

これは裸眼の状態です。近所で撮影してみました。地元の方は分かりますね。やませ蔵の近くです。以前住んでいた家はこの裏手にありました。そんなに日差しは強い日ではありませんでしたが、雪のある部分や濡れた建物や道路が反射してしまいます。これを偏光レンズで見ると・・・

偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_153652.jpg

これはTALEXトゥルービューで見た状態。しっかり反射を抑えて雪の反射も軽減します。ではトゥルービューが最もいいのだろうか???次の画像を見てください。
偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_15372574.jpg

↑TALEXトゥルービュースポーツ

偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_15374692.jpg

↑TALEXアクションコパー

このように同じ偏光レンズでもまた見え方が違うんです。同じようにもちろん反射光を抑えてくれますが、道路を見てください。雪道の見え方がまるで違うのがお分かりいただけると思います。
長距離を運転されることやご旅行では景色の色も楽しんでいただくために、また、出来うる限り自然な見え方を保ちたい!という方であればこのレンズがお勧めです。トゥルービューの自然な色合いにコントラストを加えた万能レンズです。この色はトゥルービューで補えない物体把握や空間把握に適しておりますので雪道でも非常に使いやすいです。

では日常雪道を運転するときは?私はアクションコパーを使用しています。やはり雪が多く積もる中、またふぶいた場合にこういったコパー系カラーが最もコントラストを出してくれてギャップや雪面の状況の判断が非常にしやすいんです。別場所で撮影してみました。
偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_154255100.jpg

↑裸眼の状態

偏光レンズの見え方:雪道の運転編_c0003493_15431597.jpg

↑TALEXアクションコパー

上記のような場面でも非常に見やすいのがお分かりいただけると思います。これからのシーズン、雪山にスキーやボードですべりに行かれる方もおそらく多いと思います。自然な色合いを好まれるならトゥルービュースポーツ、より空間把握をしたいのであればアクションコパー、この2つのレンズが雪道での運転では最適でしょう。偏光レンズを既に使用されていらっしゃる方にも是非一度お試しいただきたい2種類のカラー偏光レンズです。
カラーにも色々な特性があります。色々な場面でのカラーをまた皆さんにご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします。
by kineido | 2005-12-16 15:49 | レンズ

偏光レンズの仕組み

HPでもご紹介させていただいておりますが、じゃあ偏光レンズってどうやって出来ているの?というご質問もよくいただきます。
偏光レンズを簡単に図解させていただくと、まず偏光レンズといわれるものは製法が様々ありますが、基本的には偏光膜といわれるものをレンズとレンズとの間に挟み込みます。
偏光レンズの仕組み_c0003493_1132252.jpg

この間に挟みこまれる偏光膜で反射光を抑える役割をいたします。
偏光膜自体は非常に薄いものですが、レンズが簡単に言えばブラインド状になっていると思ってください。ブラインドは皆さんご存知ですね。
直接入る光は通しますが、地面や建物に反射する光は垂直方向に変わります。その反射をこのブラインド状の偏光膜でカットしてしまうわけです。図解するとこんなイメージです。
偏光レンズの仕組み_c0003493_114322100.gif

偏光膜の色はグレーとブラウンのみが現存するもともとの偏光膜の色になります。そしてレンズをサンドイッチしてからレンズごと染色する製法になります。そのためイエローやコパーなど様々なレンズカラーが生まれてくるわけです。

ではもう一度偏光レンズで見た見え方と裸眼の状態で見比べてみてください。
偏光レンズの仕組み_c0003493_11464765.jpg

↑これが裸眼の状態です。


偏光レンズの仕組み_c0003493_11471877.jpg

↑そしてこれがTALEXトゥルービューで見た見え方の状態。

ちょうど雪が降り、路面も濡れておりますが、こうして画像で見比べるだけでも全く見え方が違うことがお分かりいただけるかと思います。
ここ長井市は車社会なので運転はつき物ですが、もうこのレンズが手放せないくらい見やすく、そして何より楽です。運転に限らずやはり様々な反射は日常にあふれています。こうした偏光レンズを使うことで目はとても楽に、そして見やすくなります。

目のための空気清浄機、それが偏光レンズです!
次回はレンズカラーを各々ご紹介させていただこうと思います。

■目に優しい偏光レンズ
by kineido | 2005-12-12 11:52 | レンズ

偏光レンズについて

偏光レンズというと皆さんが想像されるのはおそらく釣り関係を考えられるのが多いのではないでしょうか。もちろん釣りでは水面の反射を抑え、様々な状況でも釣果に効果を与えることは間違いなし!ですし、いまや業界では必需品ですよね。釣りでの偏光レンズに関しましては後ほどカラーを踏まえて触れさせていただくつもりでおりますが、まずは日常から考えていきたいと思います。


偏光レンズについて_c0003493_1350168.jpg

皆さんにまずは下記のアンケートをYES/NOでお考えになってみていただきたいと思います。

●運転される機会が多い(YES/NO)
●1日3時間以上屋外で過ごされることがある(YES/NO)
●1日1時間以上パソコンをする(YES/NO)
●眩しさを感じる場合が多い(YES/NO)


上記の項目に一つでも当てはまるのであればあなたの目は疲れる環境にあります。もともと目という器官はそれほど疲れやすい器官ではないのですが、日常に起こっている反射が刺激となり目が疲れる要因ともされております。

空気清浄機は皆さんご存知だと思います。空気清浄機はよどんだ空気をフィルターで遮断し、きれいな空気だけを排出します。それと同じように偏光レンズというものは不快な光を除去し、澄んだ光だけを通します。
通常のメガネレンズではもちろんそこまでの機能はありませんが、出来るレンズがあるんです。
それが偏光レンズ!例えば屋外で運転時を考えてみてください。普段運転するとき、対向車のフロントガラスや前を走る車のリアガラスが反射して眩しいと思ったご経験はないでしょうか?
偏光レンズについて_c0003493_13405078.jpg

↑裸眼の状態。車のリアガラスの反射や路面反射が眩しくはっきりみることが出来ません。

これを偏光レンズで見るとどうなるか↓
偏光レンズについて_c0003493_13413531.jpg

前の車のリアガラスの反射が抑えられているのがお分かりいただけるかと思います。
これは最も分かりやすい例ですが、他にも例えば雨の時でも路面反射はやはりありますし、建物反射や室内でも照明などでも床面反射など様々な反射光が常に私たちの周りを取り巻いています。

ただの色がついているレンズではこの反射を抑えることは出来ません。偏光レンズだからこそ反射光を軽減することが出来ます。

偏光レンズの機能に関しましては次回ご説明させていただくつもりでおりますが、偏光レンズとはただ眩しさを抑えるだけでなく、目に優しい、目をしっかり保護してくれるレンズです。

今世間では健康のために空気や水に対してのこだわりがある方も多いですし、それに関した商品が様々出ておりますね。そういう方にも是非試して欲しい偏光レンズ。水や空気だけでなく、光にもこだわってみてください。
by kineido | 2005-12-08 13:55 | レンズ

TALEXエントリーモデル

TALEXの入門編としてTALEXで製造したエントリーモデルが入荷しております!相変わらずの偏光レンズの人気は衰えをしりません。その偏光レンズの中でも最も完成度の高いTALEX偏光レンズ、その中でも自然な色合いで汎用性の高いトゥルービューハードマルチコートが装着されたモデルです。
TALEXエントリーモデル_c0003493_19214143.jpg

詳細は後日ご紹介させていただきますが、やはり見やすいです、TALEX!
いよいよ雪が舞い降り始めた山形県内(まだ長井は降っておりませんがまもなくでしょう)ですが、冬の訪れとともに第2のサングラスシーズン到来です!

あなたのサングラスは本当のサングラスですか?
びっくりするほど目にやさしいサングラスはこちらのページをご覧下さい。
■TALEX偏光レンズ
by kineido | 2005-11-17 19:26 | レンズ


OAKLEYやフォーナインズなど楽しくメガネやサングラスを紹介!


by 金栄堂・タケオ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

カテゴリ

全体
OAKLEY
カスタム
レンズ
ファッション
サービス
スポーツ
新商品
金栄堂サポート選手
その他

以前の記事

2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
自転車・バイク

画像一覧